JavaScript

JavaScriptでエラーが起っても固まらないように「try-catch」する

Trycatch

HTML5とJavaScriptでこねこねしてWebアプリを作っています。
効果音を鳴らして次の画面に遷移するときに、その効果音の再生を「stop」していたりすると、たまにですが、効果音の再生がすでに終わっているのに「stop」かけたりしてしまうことがあるんですね。

すると、音が再生されていないのに「stop」かけてしまうのでエラーがでてJavaScriptの処理がそこで止まってしまうということが起ってしまうんです。

そこで、エラーが起っても処理が止まらないようにしたい!
ということで実装したのが以下のコードです。

1
2
3
4
5
try {
    //ここにエラーが起っても無視したいプログラム
} catch(e) {
 
}

これでエラーが起きても、そのコードで止まったままにならずに、先に進むというわけです。
多用するのは避けるべきですが、使いどころを見極めて使っていきたいもんです。

関連記事

  1. JavaScript

    WebアプリのデバッグをChromeでやるために「touch events」を有効化する方法

    Webアプリのデバッグは「Chrome」をいつも使ってます。その…

  2. JavaScript

    「offset」で取得した値を使い回す

    ちょっとはまったのでメモ。以下のように「offset」と「sty…

  3. JavaScript

    JavaScript内で、HTMLのIDを直接指定したらダメ

    Webアプリをデザインしていて、JavaScriptの記述について…

  4. JavaScript

    【TweenMax】「onComplete」で引数を使う方法

    TweenMaxの「onComplete」で引数を使いたい場合って…

  5. JavaScript

    【TweenMax.js】アニメーション終わりに関数を呼び出す!

    最近はWebアプリでアニメーションが必要になったときに、「Twen…

  6. JavaScript

    強力なアニメーション用のJavaScriptライブラリー「TweenMax.js」が便利!

    jQueryでもアニメーションはできるのですが、それよりも表現力豊…

最近の記事

  1. ホワイトハウスコックスの財布
  2. 進撃の巨人展FINAL チラシ
  3. 【無印良品】ゴールデンウィーク中のご飯にレトルト買い込み!
  4. 世代ど真ん中だった!!『週刊少年ジャンプ展 vol2』
  5. デジタル通貨を買ってみた記録!とりあえず元は取っている!
  6. 【コレクション】カードダス:SDガンダム外伝シリーズ
  7. 懐かしい!!カードダスSD戦国伝!!

アーカイブ

  1. 日常

    「NIPPON VISION」
  2. 日常

    バックパック
  3. 日常

    レイアウト
  4. 日常

    給料どろぼう
  5. 日常

    16:9のアイツ
PAGE TOP