JavaScript

JavaScriptでローカルストレージを使うときに覚えておきたい文字列型から数値型への変換方法

ParseInt

HTML5を使ったWebアプリをデザインしているときに必要だったのでメモしておきます。

ローカルストレージで数値を管理する場合は必要な処理です。

ストレージから数値を読み込んで使おうとすると、「数値」ではなく「文字」として認識されてしまうためうまく動作してくれませんでした。

そこで使ったものが以下。

1
2
//文字列型から数値に変換
var hoge = parseInt(local_storage);

ローカルストレージから読み込んだ値に
「parseInt」をして数値に変換しています。

忘れないようにしないと♪

関連記事

  1. JavaScript

    Android端末のデフォルト・ブラウザでJavaScriptのデバッグをする方法

    Webアプリをデザインするときに必須となるのがJavaScript…

  2. JavaScript

    クエリーストリングを利用してWebページ間でデータを受け渡してみる

    「クエリーストリング」っていうのは以下のようなGoogleで検索し…

  3. JavaScript

    JavaScriptでコメントは「/* */」をなるべく使わないようにしたい

    コメントには囲った部分をすべてコメントにする「/* */」と、1…

  4. JavaScript

    WebアプリでCanvasを使うための指定方法

    Webアプリをデザインするときのお決まりになりつつあるHTML5の…

  5. JavaScript

    JavaScriptでグローバル変数を減らす方法

    グローバル変数はいいことない!もしかしたら使っているライブラリー…

最近の記事

  1. ホワイトハウスコックスの財布
  2. 進撃の巨人展FINAL チラシ
  3. 【無印良品】ゴールデンウィーク中のご飯にレトルト買い込み!
  4. 世代ど真ん中だった!!『週刊少年ジャンプ展 vol2』
  5. デジタル通貨を買ってみた記録!とりあえず元は取っている!
  6. 【コレクション】カードダス:SDガンダム外伝シリーズ
  7. 懐かしい!!カードダスSD戦国伝!!

アーカイブ

  1. プロダクト

    予約締め切り目前! EVANGELION × JINSオリジナルメガネがおもしろ…
  2. 日常

    アーティスト撮影
  3. 日常

    意外とこぢんまり
  4. 日常

    「ブルース・ウェーバー展」
  5. 日常

    フリーマーケット
PAGE TOP