iOS

UIWebViewにコンテンツを表示させる

Uiwebview 1

3ステップで指定のURLを表示できますね。
これは便利だな。

1
2
3
NSURL *url = [NSURL URLWithString:@"http://www.hoge.co.jp/"];
NSURLRequest *request = [NSURLRequest requestWithURL:url];
[self.webView loadRequest:request];
  1. NSURLのクラスメソッド「URLWithString」を使ってURLの文字列からNSURLクラスのインスタンスを作成し、「url」変数に入れる。
  2. そのurlをもとにNSURLRequestクラスのクラスメソッド「requestWithURL」インスタンスを生成し、「request」変数に入れる。
  3. UIWebViewのインスタンスメソッド「loadRequest」に渡すことによってwebViewにページが表示される。

▼基本を学べます

関連記事

  1. iOS

    Xcodeでアプリ名を多言語に対応させる方法(ローカライズ)

    iPhoneアプリを日本のマーケットだけでリリースするのはもったい…

  2. reject

    iOS

    iPhoneApp申請→reject

    ついに恐れていたことが起こってしまいました!iPhoneAppの審…

  3. iOS

    URLスキームを設定する

    Xcode4ですが、個人的なメモです。URLスキームは設定してお…

  4. iOS

    「Distribute」ででたエラー「This bundle is invalid.」を回避する方法…

    先日iPhoneアプリをアップデートしたときにでたエラーを解決した…

  5. iOS

    外部からインポートしたクラスはコンパイル設定が必要かもしれない

    実機でテストしようとしたらこんなエラーがでました。「Unkno…

  6. ios dev3

    iOS

    iPhoneApp申請方法3:iTunes Connectへの申請登録

    iPhoneApp申請方法1:準備と証明書をゲット | デザインとレゴ…

最近の記事

  1. 進撃の巨人展FINAL チラシ
  2. 【無印良品】ゴールデンウィーク中のご飯にレトルト買い込み!
  3. 世代ど真ん中だった!!『週刊少年ジャンプ展 vol2』
  4. デジタル通貨を買ってみた記録!とりあえず元は取っている!
  5. 【コレクション】カードダス:SDガンダム外伝シリーズ
  6. 懐かしい!!カードダスSD戦国伝!!
  7. 【UNIQLO】ユニクロ誕生感謝祭で買いだめ!

アーカイブ

  1. プロダクト

    便利すぎる!買ってよかったキッチンツール「キッチンペーパーハンガー」
  2. 日常

    グアムから帰国
  3. 日常

    『昼の学校 夜の学校』
  4. 展覧会

    さくれつさんの個展@ボダスポに行ってきた話
  5. LEGO

    今ボーナスをつっこみたいオトナのレゴ3つ
PAGE TOP