SPLAY 首掛けダーツケース

プロダクト

SPLAYの首掛けダーツケース

SPLAY 首掛けダーツケース

ダーツも趣味でやってるのですが、そのハウストーナメントなんかで使えるお手軽ケースを探していました。
デザインとか使い勝手を考えてようやくこのケースに落ち着いたといったところ、いろいろこだわっているとありそうでないんですよね、いいのって。
ダーツを収納するケースは別にあるので、これはトーナメント会場とかダーツバーとか店内を移動するためのもの。
なので、サクッと手軽に使えるモノがいいんです。
SPLAY 首掛けダーツケース

これは革製でとくに飾りがないシンプルなもの。でもそれがいいんです。
素材もこの色なら落ち着いていますしね。こういうのって探すとなかなかないものなんです。
シンプルでも素材がエナメルでテカテカしていたり、落ち着いた色の革製でも刻印がガッツリついていたりするんです。

このケースは袋状になっているので安心してダーツを突っ込めます。
首掛けタイプのものには、リング状になっていてフライトの部分を引っかけて収納するタイプもあります。ですが、それだとフライトが外れてダーツが落っこちてしまうことがあるんですよね〜。まあ、見た目はスマートな感じするんですが、安心感はないです。
好みによりますが、袋状になっているほうが安心してトーナメントを楽しめると思います。
SPLAY 首掛けダーツケース

首からぶら下げるとちょっとナナメになってバランスされます。このちょっとナナメになってる感じがおもしろいんじゃないかと思います。シンプルなので邪魔にならないし、なんとなくダーツの存在感もある。
ダーツはモノクロームでコーディネートしようと考えているので、ちょうど良かったです、この色。
SPLAY 首掛けダーツケース

このダーツケースは渋谷のダーツ店として有名な「Batdarts」のプライベートブランド「SPLAY(スプレイ)」のラインナップです。
ブランド名は『広げる』を意味して、その言葉通り、広く世界に浸透するアイテムを送り出すというのがコンセプトのようです。
レザーケース製作に定評のあるマインドデザインワークスに別注して、高品質な素材をつかったのだそう。いいですね♪
ビーズなどを買ったりして自由にカスタマイズが可能というのも売りにしていたり。カラーバリエーションもあります、おすすめ。
SPLAYの首掛けダーツケース

カタチから入るとか、なんかネガティブにとらえられがちですが、道具にこだわるのは基本です。それでモチベーションが上がるんですからね〜。
でもちゃんと結果も残していかないと、練習しなきゃ。

「SPLAY 首掛けダーツケース」通販サイト
BAT DARTS SHIBUYA

関連記事

  1. プロダクト

    振って米を研ぐ『米とぎシェーカー』がカンタン便利♪

    普段から料理をしない男子としては、カンタンに楽しく料理できればいい…

  2. 手軽にコーヒーを飲み放題!「バリスタ(Barista)」を買った!

    プロダクト

    手軽にコーヒーを飲み放題!「バリスタ(Barista)」を買った!

    自宅で「コーヒー飲み放題」を実現できるバリスタをついに買いました。コー…

  3. プロダクト

    大人だってほしい! LEGO × crocs kids のコラボシューズ!!

    いつだってLEGOコラボ系は欲しくなる!あのクロックスがLEG…

  4. キッチンの水回りすっきり!「自立型 水切りゴミ袋」

    プロダクト

    キッチンの水回りすっきり!「自立型 水切りゴミ袋」

    キッチンにある三角コーナーって不衛生ですよねー、変なニオイもするし、カ…

  5. プロダクト

    【F】FREITAGの修理が完了! これはもう職人技!

    3/16に修理にだしてきたFREITAGが戻ってきました!1ヶ月…

最近の記事

  1. ホワイトハウスコックスの財布
  2. 進撃の巨人展FINAL チラシ
  3. 【無印良品】ゴールデンウィーク中のご飯にレトルト買い込み!
  4. 世代ど真ん中だった!!『週刊少年ジャンプ展 vol2』
  5. デジタル通貨を買ってみた記録!とりあえず元は取っている!
  6. 【コレクション】カードダス:SDガンダム外伝シリーズ
  7. 懐かしい!!カードダスSD戦国伝!!

アーカイブ

  1. 昭和シェル石油抽選キャンペーンのオリジナルLEGOセットが欲しすぎる!

    LEGO

    昭和シェル石油抽選キャンペーンのオリジナルLEGOセットが欲しすぎる!
  2. 日常

    東京に戻ってしまった
  3. 日常

    まだ進まない
  4. 日常

    映像と書籍の編集
  5. 日常

    会社スタート
PAGE TOP