日常

アジア初のフライターグ旗艦店「FREITAG STORE TOKYO 」にいってきた

FREITAG STORE TOKYO 2

リサイクル・デザインバッグで世界的に人気がある「FREITAG」が欲しくて銀座にある旗艦店にいってきました。
なんでもアジアでは初で世界でも9番目のフラッグシップストアだということで品揃えは圧倒的ですね。

トラックの幌が活用されているので耐久性と防水性が確保されてます。ちょっと出かけるときに使えて雨にも強いバッグを探しているのでフライターグは選択肢のひとつなんですよね。

銀座のちょっとはずれの方にありました。

フライターグ兄弟とCEOのモニカ・バルサーは、このショップがオープンする時のプレス向けにプレゼンテーションで、旗艦店の出店で銀座を選んだ理由について「表参道や青山ではなく、東京の中心からちょっとはずれたところできちんとブランドの位置づけ(コンセプトなど)を伝えたいというのが一つの目的です」とコメントしたそうな。
FREITAG STORE TOKYO 1

ちょっと小さいかも?
って思いましたが、2階建てになっていて商品数はたくさんありますから選び放題。
フライターグはリサイクル素材を使っているため全部一品モノなんです。ですから商品のストックが多ければ多いほど自分のフィーリングに合うデザインが見つかりやすくなるため、これだけ多くフライターグの商品がそろっているところは貴重です。

小さい店だと選択の余地がない、なんてこともあるので。

気に入ったデザインがあれば即購入するのが基本かと。

店員さんの話しによると品揃えが少なくても気に入るデザインに巡り会うかもしれないので、品揃えが多ければいいというものでもないそうですが。
フライターグは商品が売れたらその分補充されるシステムでいつ新しいものが入るかどうかはわからないそうです。

ざっと見た感じ大きさとしては「SURFSIDE6」というモデルがコンパクトでiPadが入るくらいの大きさもあってよさそうです。

買うかどうかはまだ考え中。

フライターグのファンなら一度覗いてみるとテンションあがると思いますよ。小物も多く売ってましたし。

買うと決めたらまた行かないと♪
新しいデザインが入荷しているかもですしね〜。

場所はこちら。

関連記事

  1. 日常

    こだわりは大切

    あまりにも気に入ったバッグが見つからないので、オーダーしてきた。…

  2. 日常

    新環境

    ヒマすぎ。やっぱり初日はこんなもんだろうな。ソフトウェアをインス…

  3. 日常

    光の魔術師「インゴ・マウラー展」

    朝からインゴ・マウラー展にいってきた。この人は、「光の魔術師」と呼ば…

  4. 日常

    どーにも書き出しがおわらなーい。動画のほうはなんとかなったんだけ…

  5. 日常

    「デザインと新価値創造」

    2008年8月6日、夕方から東京ミッドタウンのデザインハブでセミナーが…

  6. 日常

    あふれる本

    思わぬところで時間が空いちゃった。会社の都合で編集機が使えない!…

最近の記事

  1. ホワイトハウスコックスの財布
  2. 進撃の巨人展FINAL チラシ
  3. 【無印良品】ゴールデンウィーク中のご飯にレトルト買い込み!
  4. 世代ど真ん中だった!!『週刊少年ジャンプ展 vol2』
  5. デジタル通貨を買ってみた記録!とりあえず元は取っている!
  6. 【コレクション】カードダス:SDガンダム外伝シリーズ
  7. 懐かしい!!カードダスSD戦国伝!!

アーカイブ

  1. ネットクリーニングで話題の「リネット」を利用してみた

    サービス

    ネットクリーニングで話題の「リネット」を利用してみた
  2. 読書

    『週刊アスキー』のおまけの「まとめ板」が地味に便利かもしれない
  3. 日常

    会社スタート
  4. Parallels Desktop5

    ソフトウェア

    Parallels Desktop5【インストール】
  5. POST3.11 これからデザインにできること

    展覧会

    POST 3.11 これからデザインにできること展
PAGE TOP