日常

寂菖蒲

寂菖蒲

久しぶりに写真撮影。
近所の公園に咲く花菖蒲を撮りに行った。見頃はもう終わっている。それでもまだ年配のカメラをかついだ人たちがちらほら。
この人たちに混ざってシャッターを切っていたわけだが、撮る視点はちょっとちがう。
実は、最盛期を終えた花を撮っている。
枯れ始めた花、と言った方がいいか。
タイトルの「寂菖蒲」とはこのことだ。ちなみに上の写真は去年のもの。
なぜ、わざわざ枯れ始めた花なのか。
それは日本文化にある「寂び」を写真で表現したかったからだ。サビは、すさんでいくもの「スサビ」からくる言葉。
花だって、キレイに咲いている時期だけが「花」ではない。咲く前はツボミだし、枯れゆく姿だって、また「花」だ。この「枯れゆく花」をもって「寂び」を表現してみたかった。
よくよく見ると、この枯れていく姿も美しい。
画角によっては、ものすごく生命力を感じる。それは最盛期の「花」にも勝るほどだ。
この美しさと生命力を写真で表現することに挑戦しているわけだ。
もうひとつ、考えていたことがある、
被写体の力を借りずに「美しい写真」を撮ることができるようにもなりたいと思っている。
被写体が美しければ、ある程度ちゃんと撮ればそれは「美しい写真」として成立するのは当然のことだ。
では、キレイな被写体に寄りかからない「美しい写真」を撮るにはどうすればいいのか。
こんな考えが頭のすみっこに住んでいる。これについては、またの機会に整理してみたい。
今度はちょっと早起きして撮影にいこう。
カメラおじさんが「美しい写真」を撮っている横で、寂びていく花をやたらと撮っている姿は、外からみたら変な人なんだろうなあ。
こっちにしてみれば、そんなありきたりな「美しい写真」は、
もうお腹いっぱいなんだ。

関連記事

  1. PASMOの表面の文字が印字されなくなったら取り替えてもらおう

    日常

    PASMOの表面の文字が印字されなくなったら取り替えてもらおう

    長くPASMOを使っていると、表面の文字が見えなくなってきます。上の画…

  2. 日常

    「解る&判る&分かる文字組版」

    8/5、JAGDA教育委員会セミナー「文字の先と端」の8月講座最終日、…

  3. 日常

    普通の会社

    朝、6時起き。昨日の疲れがとれてない・・・、腰イタイ。長時間の…

  4. 日常

    『インテリアと日本人』

    日本人の文化とデザインの関係をつなげて考えるという試み。そもそ…

  5. farmers market

    日常

    Farmer's Market @ UNU

    ファーマーズマーケットに行ってきました。@megumint_mさん…

  6. 日常

    香港ロケ2 5/18

    天気よかった。台風が過ぎた直後だからかな。この時期は、香港は雨…

最近の記事

  1. ホワイトハウスコックスの財布
  2. 進撃の巨人展FINAL チラシ
  3. 【無印良品】ゴールデンウィーク中のご飯にレトルト買い込み!
  4. 世代ど真ん中だった!!『週刊少年ジャンプ展 vol2』
  5. デジタル通貨を買ってみた記録!とりあえず元は取っている!
  6. 【コレクション】カードダス:SDガンダム外伝シリーズ
  7. 懐かしい!!カードダスSD戦国伝!!

アーカイブ

  1. 日常

    「西方式 / Blanding with Typeface」
  2. 日常

    捨てる覚悟
  3. 展覧会

    マイケル・ヤマシタ写真展
  4. 日常

    闘いを放棄するな
  5. 日常

    おちつき
PAGE TOP