日常

ブライアン・イーノ「音楽映像インスタレーション展」

花と光

映像と音楽のインスタレーション展が、ラフォーレミュージアム原宿であった。ブライアン・イーノの集大成だそうで、今まで観た映像系インスタレーションではピカイチ。
ブライアン・イーノは、「ライト・ペインティング」「ビジュアル・ミュージック」という単語で語っている。テレビという映像文化は、物語・情報のためのテレビという考え方が中心だったが、絵画を見せてくれるものだと考えてみてはどうか、という主張。
パソコンにインストールして楽しむ作品で、展示会場ではいくつもの液晶テレビに出力された映像が列ぶ。
この作品のシステムは、これまでのブライアン・イーノ作品が詰め込まれた箱から4つほどの画像を取り出して合成した画面を出力して「絵」にする。その組み合わせは77000000とおりで、今回のインスタレーションの題名になっている。おそらく、同じ絵を見ることは二度と無い、というのもこの「絵」は常に変化して、違う絵に移行していくから。あったとしてほんの僅かな時間だけ。ただし、この変化はかなりゆっくり。別の絵を見ていて、前にみた絵を振り返ったときに「あれ、変わってる」と気がつくくらいにゆっくり。どこが変化しているか、ゆっくりすぎてなかなか分からないほど。
音楽も癒し系だから、ディスプレイの前で
ぼーっとしてるのが気持ちいい。だめな人はだめなんだろうなこーいうの。
展示会場最後のほうには、大小織り交ぜた液晶ディスプレイがピラミッド型にならべられ、左右下を鏡張りにしたセットがあった。
これが、みごと。
下の鏡でピラミッドになった「絵」は菱形になり
左右の鏡が「合わせ鏡効果」で菱形の絵を左右永遠の広がりにみせていた。
これはインスタレーションでしか観ることできないだろうな。
キレイ、圧倒される迫力もある。
ブライアン・イーノの提案は「家や空間にインストールしてその場の雰囲気を作りあげるものとして」使うというもの。
普段は電源OFFで真っ黒のテレビ画面が「常に変化する絵」にしてみてはどうか、ということ。
いーね、それ。そーいう映像の使い方ってこれからいろんなところででてきそう。ポスターがクルクルとロールスクリーンで切り替わる装置をイギリスで観たことがあるけど、あまり美しくなかった。むしろ切り替わってるところを見ると悲しくなったな、カッコワルイ。
でも、ブライアン・イーノ式ならおもしろそうだ。
いい経験になったインスタレーション展だった。
ブライアン・イーノ 音楽映像インスタレーション展

関連記事

  1. 日常

    東京ベタ名所撮影

    昨日も木曜日に引き続き撮影日になってしまった。静止画素材が足りな…

  2. 日常

    自宅で寝袋

    デジハリに通いつつ、仕事もしつつ。やらなきゃいけないことと、やりたい…

  3. 日常

    ようやく納品

    ここ最近、会社以外の仕事依頼をやっつけるのにかなり時間をつかった。D…

  4. 日常

    Creator’s Table vol.3

    メルマガ「日刊デジクリ」企画、富士ゼロックス株式会社・デジタルクリエイ…

  5. 日常

    別の系統

    今日、すごい湿度だ。じっっっとり。ようやくアート系の仕事に手をつけ…

  6. 日常

    コマカイナオシ

    やっぱり直しがでてくるのな、こまかいな。それならそうと初めから言…

最近の記事

  1. ホワイトハウスコックスの財布
  2. 進撃の巨人展FINAL チラシ
  3. 【無印良品】ゴールデンウィーク中のご飯にレトルト買い込み!
  4. 世代ど真ん中だった!!『週刊少年ジャンプ展 vol2』
  5. デジタル通貨を買ってみた記録!とりあえず元は取っている!
  6. 【コレクション】カードダス:SDガンダム外伝シリーズ
  7. 懐かしい!!カードダスSD戦国伝!!

アーカイブ

  1. 日常

    レイアウト
  2. 日常

    空想モノ
  3. 日常

    集中力きれた
  4. 日常

    「ニッポンのデザイナー展」ギャラリートーク2
  5. 日常

    デザインの根っこ
PAGE TOP