日常

『和力』

「日本文化が持つパワー」にこだわり、日本文化を象る24の「型」を漢字一文字に集約させて象徴的な読みをつけて、いろは順に並べた構成になっている。
デザイナーが文章を書いているのでその言い回しが面白い。
例えば「似」の章には以下のような解説があり、基本的な解説からその応用的な解釈へと幅広く書かれている。
・本物「らしい」ところをよしとする感性。
・一部の特徴を拡大するところが「似ている」ことの境地。
・日本人は、借り物を自分流にアレンジしてしまう加工が大得意。
・対象より一歩手前で踏みとどまり、「にじみ・ぼかし」によって対象にせまる表現方法。
おもしろかったのは「字」の章。「かな」とふりがながついていた。
まず、日本語の複雑さについて再認識。一文字で意味を持つ漢字と一文字では意味を持たないひらがな、カタカナのほか、ローマ字も混ざる。3つの文字と2つの表記システムが混在した言語は世界一複雑と言われているのも納得できる。さらに漢字には音・訓があって、文章の主語・述語は入れ替えてもその意味するところはほとんど変わらないという特性もある。
こうしたことが可能なのは日本語が「視る」言語だからだともいう。日本語のオノマトペ(擬音)が多いのもそのせいらしい。単なる音も文字にして「視る」というわけだ。
それにしても、300ページほどあるので、けっこうな量だ。ただ、図版もわりと多いほうどと思うので読みやすい。
日本文化をデザインに活かしたいと考えているので、こうしてまとまっているのは、うれしい。ポイントは、研究者や文学者が書いているのではなく、現役のグラフィックデザイナーが書いているところだと思う。

関連記事

  1. 日常

    自宅で寝袋

    デジハリに通いつつ、仕事もしつつ。やらなきゃいけないことと、やりたい…

  2. 日常

    実用的衝動買い

    掃除機を衝動買いするとは思わなかった。ここ最近掃除がマイブームだ…

  3. 日常

    3/30 帰国

    取材最終日、帰国は夕方になるから、それまでは自由時間だ。うまく風…

  4. 日常

    ニュースにゾクッ

    最近はよく仕事中にサイトをまわってニュースやなんかを読む時間がある…

  5. 日常

    『日本語のデザイン』に学ぶ

    『日本語のデザイン』というズバリなタイトル。文字は大きく行間…

  6. 日常

    Tate Britain & SHIPLEY

    本日、午後の英語の授業をスキップしてTate Britain(テート・…

最近の記事

  1. ホワイトハウスコックスの財布
  2. 進撃の巨人展FINAL チラシ
  3. 【無印良品】ゴールデンウィーク中のご飯にレトルト買い込み!
  4. 世代ど真ん中だった!!『週刊少年ジャンプ展 vol2』
  5. デジタル通貨を買ってみた記録!とりあえず元は取っている!
  6. 【コレクション】カードダス:SDガンダム外伝シリーズ
  7. 懐かしい!!カードダスSD戦国伝!!

アーカイブ

  1. LEGO

    レゴ「はやぶさ」商品化決定!
  2. リンク集追加

    WordPress

    リンク集追加で、3段組。
  3. 日常

    時差ぼける人
  4. iOS

    Xcodeでファイルのリンクが外れたときの対処方法
  5. 展覧会

    ウィリアム・クライン『PARIS+KLEIN』写真展
PAGE TOP