日常

『下流社会』

ヒト


かなり売れた。
データをもとに、消費の動向を読み消費者をわかりやすく「上・中・下」に分類してみせたことが分かりやすかったのだろう。
総中流社会という認識が浸透している中で、下流社会がに属するものが増加するという、なかなかショッキングな分析も、ニートやフリーター問題、正社員と派遣社員の格差問題なんかとの関連もあり、注目されたのだろう。
まず、女性のライフスタイルの多様化にスポットをあてている。
ずっと言われている階層化社会との関連で、消費者を典型的な系統に分類している。ひとつの分類に完璧に当てはまる人は、なかなかいないだろうけど、社会情勢との関連で考えるとおもしろい分類だとおもった。
「普通のOL系」を基本にして、
「ミリオネーゼ系」「かまやつ女系」「お嫁系」「ギャル系」
と、なかなかツボをついているなあとおもわせる分類が並ぶ。
それに比べて男性の分類は、かなり極端だと感じた。
「ヤングエグゼクティブ系」「SPA!系」「ロハス系」「フリーター系」
という4分類。
いずれにしろ、かなりの大分類なのでこの分類にズバリな人はいないだろうな。
ただ、現在の社会というか環境を読みとくうえでは、うまく特徴検出しているので指標にはなりそう。
「晩婚化の理由は階層化」というおもしろい仮説もある。
結婚ほど同じ階層の人間同士を結びつけるものはないという。その理由は、異なる階層の人間と出会うチャンスがないし、であっても恋愛の、ましてや結婚の対象とは考えないのが普通だ。そもそも階層が違うと話も合わないのだそう。
おもしろい仮説は、他にもある。
「自分らしさ志向は、下流ほど多い」というもの。
その理由は、「自分らしさ」や「自己実現」を求めるものは、仕事においても自分らしく働こうとする。しかしそれで高収入を得ることは難しいので、低収入となる。よって生活水準が低下する。そういう悪いスパイラルにはまっているらしい。
なるほど、よくテレビで聞くようなフリーター調査レポートと比べると、なんとなく納得できるような感じがする。
さらに著者は続ける。
そもそも、自分らしさ志向が高いことは、自分らしさを持っていることを意味しないという。そして、この「自分らしさ」がくせもので、自分らしさにこだわりすぎて、他社とのコミュニケーションを避け、社会への適応を拒む若者は、結果的には低い階層に属する可能性が高いと分析。
調査結果を読み解いて、数字と関連づけた理論は説得力があって読んでいておもしろい。
この理論が、現実をズバリと言い当てているとは思わない。
が、全体をざっくりと見回すと、このような流れになっているのかもしれないとも思ったのは事実。
難しいことは言っていないのでさくっと読める。

関連記事

  1. 日常

    香港ロケ3 5/19

    朝6時に起きて、撮影に向かうチームを見送った。今日は二手に分かれ…

  2. 日常

    プレゼン成功

    よしよし企画が通った。なかなかウケもよく、うまくいけば予算もアッ…

  3. 日常

    立ち会い

    午後から撮影立ち会いのために渋谷へ。こんなに天気いいのに。やる…

  4. 日常

    FX

    FXが熱いです。自分の中で。何も勉強せずに手をだすとかなり痛いめに…

  5. 日常

    飲み明け

    きのうの夜、送別会。会社が3つのビルに分かれているから、こういう…

  6. 日常

    赤字をなくすな!

    出社したら赤字をなくしてしまったと書き置きが。もう一度校正してく…

最近の記事

  1. ホワイトハウスコックスの財布
  2. 進撃の巨人展FINAL チラシ
  3. 【無印良品】ゴールデンウィーク中のご飯にレトルト買い込み!
  4. 世代ど真ん中だった!!『週刊少年ジャンプ展 vol2』
  5. デジタル通貨を買ってみた記録!とりあえず元は取っている!
  6. 【コレクション】カードダス:SDガンダム外伝シリーズ
  7. 懐かしい!!カードダスSD戦国伝!!

アーカイブ

  1. 水引と風呂敷の包み方のデザインが美しい引き出物「祝づつみ」

    グルメ

    水引と風呂敷の包み方のデザインが美しい引き出物「祝づつみ」
  2. 日常

    帰国
  3. 日常

    闘いを放棄するな
  4. 日常

    BATH
  5. 日常

    健康的な夏
PAGE TOP