日常

『レイアウトのデザインを読む』

jizo

おもしろく、ためになる本だったなあ。
『文字のデザインを読む』の続編。
レイアウトの目的として「ターゲットに情報を伝達する」ことを大前提に話を進めていく。広告レイアウトでは、その見栄えだけを考えるのではなく、情報をよく解釈して整理し、商品購買へプロモーション行動と同じだという。
デザインする前には、情報編集がかかせないという考え方が初めにしっかりと語られているから好感がもてたな。この情報編集部分は、プロデューサーなりアートディレクターなりが担当することが多い。だけど、この部分こそデザイナーがしっかりやりきることで、良いデザインにつながるんだとおもう。
ただし、それがなかなか難しい。
ターゲットという受け手の理解度、興味度などを理解したうえで情報を加工して「伝わる情報」にしなければならない。これはデザイン知識ばかりではできない。編集者の考え方が必要になる。
おもしろかったのは、クライアントがもつ「情報」をターゲットにたいして「宣伝する情報」と「説明する情報」に大別して書かれているところ。確かにこの2つで大きく分けるとデザインの方向性がハッキリする。
なんにせよ、「情報編集」と「デザイン」は同類作業で切り離せない。
レイアウトの構成要素を
・紙面(版面率)
・グリッド
・文字
・イメージ
・配色
にわけた。なるほど、これまたわかりやすいや。
一覧表もあり、おもしろい。文字で表現するのに苦労しているのは、しょうがないだろう。こんな感じ。
○高級感を演出
・版面率
 大きくしない程度にまとめる
・余白量
 たっぷりととる
・グリッド拘束
 グリッドに拘束させる
・文字組
 高級感のある書体選択と文字組
・イメージ
 ジャンプ率は大きくしてもよい
○ポップな印象
・版面率
 大きくする
・余白量
 少なめにする
・グリッド拘束
 グリッドフリーのほうがよい
・文字組
 文字よりはイメージ分量を多くする
・イメージ
 ジャンプ率を大きくし、切り抜きを多用
こんなふうにルールを組み合わせてレイアウトしていくわけだ。こうしたシステマチックなところが、デザインの語源が「設計」にあることの証だと感じるなあ。
あとがきにもあるように、レイアウトデザインとは「情報とレイアウト造形との双方のロジックを理解し、コミュニケーションデザインの設計図が描けること」という著者の主張にかなり共感しつつ読み終えた一冊。

関連記事

  1. 日常

    JAPANブランド・エキシビジョン

    東京デザインセンターで行われた「JAPAN BRAND」の展示会。…

  2. 日常

    終電越え

    昨日の夜、久しぶりに仕事仲間で食事。アジアンダイニングバーとい…

  3. 日常

    そうきたか、というPV

    またやられた。そんな感じのPV。シンプルだけど、一番最初にこのカタ…

  4. 日常

    平日に公園

    あったかいなー。午前中は自宅作業だったのをいいことに、公園にいっ…

  5. 日常

    「X」day

    最近発表されたモノ。なんかソニーがやってくれた。厚さ13.9mm。…

  6. 日常

    新しいこと

    去年取材したアーティストの新年会。餅つきもあったりとなかなか正月らし…

最近の記事

  1. 進撃の巨人展FINAL チラシ
  2. 【無印良品】ゴールデンウィーク中のご飯にレトルト買い込み!
  3. 世代ど真ん中だった!!『週刊少年ジャンプ展 vol2』
  4. デジタル通貨を買ってみた記録!とりあえず元は取っている!
  5. 【コレクション】カードダス:SDガンダム外伝シリーズ
  6. 懐かしい!!カードダスSD戦国伝!!
  7. 【UNIQLO】ユニクロ誕生感謝祭で買いだめ!

アーカイブ

  1. LEGO

    ブラスター攻撃が飛び交うLEGOスター・ウォーズのディスプレイ広告がすごい!
  2. WordPress

    普段は変更できないWordPressのユーザー名を変更する方法
  3. グルメ

    サクサク感がたまらん冷やし系チョコ! CRUNKY「塩バニラ」
  4. MisoSoupDesign-desk

    プロダクト

    曲線が映えるワークスペース
  5. WordPress

    サムネイル付きで最近の記事を表示できるWordPressプラグイン「Newpos…
PAGE TOP