日常

『デザイン基礎講座レイアウト&タイポグラフィ』


作品・例題解説や特定のレイアウト分析だけという似たり寄ったりの類書ばかりが目につく分野の本だけど、本書はしっかりと基本を「方法として」とらえて、情報をどのように扱うかという視点がしっかりとしているので手に取った。
こうした本を読むときは、どの本を選ぶかがかなり重要だと思う。個人的には例題解説に終始している本は選ばないように気をつけている。本書のようにデザインを方法として捉える視点は最低限必要だろう。情報論の視点もあったほうがいい。
筆者は、大学のグラフィックデザイン科で15年にわたって指導してきた経験に基づいて執筆されているそう。なるほど、デザインを指導する立場では、デザインを方法化しなければ教えることはできないだろう。だからこそ、本書のように体系化できたわけだ。
その内容は、まずデザインする前の段階から章がはじまる。このあたりが、コンテンツを情報として扱っている証拠。
デザインする前に確認しておくことは以下の4つだ。
1:何を伝えたいかを見極める。
2:メッセージの受け手、読者を特定する。
3:メッセージを届けるためのフォーマットを決める。
4:デザインの基本法則に関する基礎知識。
○強調表現:メッセージの中でどの情報がもっとも重要かを判断し、それを一番に目立たせる。
○コントラスト:訴求力を持たせ、情報を視覚的に体系化したいのであれば、強力なコントラストを使う。
○バランス:ビジュアル要素が筋の通った方法でグループ化され、それらの見かけ上の重さ(ビジュアルウェイト)のバランスを丁寧に調節すること。
○整列:整列方法を一貫させれば、全体がすっきりと整理され、完成度の高いページになる。
○反復:バラバラな要素をひとつにつなぎ合わせ、まとまりのとれたデザインになる。
○流れ:グラフィックと文字を計画的に配置すれば、メッセージを見てもらう順番をある程度コントロールできる。
○イメージ:情報を補足するような適切なイメージがあると、ページの効果が高まる。
○色:ページの読みやすさ、秩序、雰囲気、特徴に配慮して色を選ぶ。
それぞれの項目が解説され、タイポグラフィと日本語組版についての基本知識がまとめられている。
基本的な事項ばかりだが、それが重要だ。
見た目ばかり気にするデザイナーはかなりいるが、情報構造から考え、ビジュアルヒエラルキー(視覚上の階層構造)を構築していくプロセスを意識的にやっているデザイナーはどれほどいるだろうか。
著者が勧めるデザインのモットーとして「KISS」があげられている。「keep it simple,self」だ。一般的にシンプルにすることは難しい。無駄な要素をそぎ落とし、核心をとらえることはコンテンツの情報構造の理解が最低限求められるからだ。そこではビジュアルなものではなく考えることが必要だ。
一度、基本に戻ってみることは経験を積めば積むほど必要なもので、意識しないといけないのだろうと思う。

関連記事

  1. 日常

    レギュラーの仕事

    日曜日、いつも仕事をしている会社の「レギュラー仕事」を無事にこなしてき…

  2. 日常

    新しいこと

    去年取材したアーティストの新年会。餅つきもあったりとなかなか正月らし…

  3. 日常

    書類の山

    やれやれ、書類整理に追われる今日この頃。メンドクサイ。なかなか…

  4. 日常

    探査機ブーム!?

    LEGO CUUSOOの新作提案ランキング上位3位がおもしろいことに…

  5. ナイトライダーネクスト

    日常

    ナイトライダー ネクストがキタ!!

    「ナイトライダーネクスト」が放送開始だ−!!!小学生の頃、夢中に…

  6. 日常

    『視覚の文法』

    視覚に関わる能力「ヴィジュアル・インテリジェンス(Visua…

最近の記事

  1. 進撃の巨人展FINAL チラシ
  2. 【無印良品】ゴールデンウィーク中のご飯にレトルト買い込み!
  3. 世代ど真ん中だった!!『週刊少年ジャンプ展 vol2』
  4. デジタル通貨を買ってみた記録!とりあえず元は取っている!
  5. 【コレクション】カードダス:SDガンダム外伝シリーズ
  6. 懐かしい!!カードダスSD戦国伝!!
  7. 【UNIQLO】ユニクロ誕生感謝祭で買いだめ!

アーカイブ

  1. 日常

    増える、読みたい本
  2. 日常

    そうきたか、というPV
  3. 日常

    「西方式 / Blanding with Typeface」
  4. 映画

    「トゥルーへの手紙」を観賞
  5. 日常

    商標セミナー
PAGE TOP