日常

『デザインするな』

DRAFTの宮田誠のインタビューを軸に、内外スタッフの話も織り交ぜて編集したのが本書。外部の目で見た宮田誠、DRAFTのデザイン観がわかる。
「デザインするな」と宮田は言う。
宮田は小手先のデザインではなく、案件の伝えるべきイメージをとことん考え抜いて本質を捉えなければデザインなどできないということだ。頭の中のイメージを整理すれば、カタチはいくらでもきれいになる、という。
宮田は個性についても独特の見方をもっている。自分の感性は他人とはまったく違うもの、その感性に素直になれば、絶対他人とは違う表現ができる。だからこそ個性をだすには、まず自分自身を知ることだ、というのだ。
個性が大事だとか、個性をだせとか言われてきたが、そもそも感性は他人と違って当たり前、個性なんて誰もがもってるもの。それを活かせるかどうかだ。
デザインとは何か?
宮田識の答えは
「頭の中に思い描いたものを複写すること」
デザインジャーナリストの筆者の経験上、注目すべき仕事をしているデザイナーは、それぞれ自分なりの答えを持っているようだ。確かに「デザインとは?」の問いに正しい答えはないのだろうと思う。
宮田もやはり「イメージを複写する」というスタイルが、そのデザイン・テイストを創り出していると納得できる。
デザインのカタチよりも、信念や思想、志を先に考えていく姿勢は参考になる。志を理解することでデザインしていくものの芯がブレなくなるから。
こうしたデザイン思想のもとでおこなわれたプロジェクトを通して、宮田識のデザインに対する姿勢を観ることができるのが本書。モスバーガー、PRGR、ラコステ、キリンビールなどのプロジェクトが取り上げられているので読み応えありだ。
巻末には作品集もある。
アートディレクターは読んでおきたい。

関連記事

  1. 日常

    I'm photographer!?

    商業写真家としてデビュー。ちょっと大げさかな。某音楽雑誌のミュ…

  2. 日常

    レギュラーの仕事

    日曜日、いつも仕事をしている会社の「レギュラー仕事」を無事にこなしてき…

  3. 日常

    スマートなペンケース

    最近文房具にはまっている。で、ようやく納得のいくペンケースを…

  4. 日常

    新環境

    ヒマすぎ。やっぱり初日はこんなもんだろうな。ソフトウェアをインス…

  5. 日常

    対策

    停電対策にUPS導入。電力量が不足がちな最近、前からつけようと考…

  6. 日常

    ワークスペース、パワーアップ

    会社のデスクまわりがパワーアップ。デュアル・液晶モニター環境になっ…

最近の記事

  1. 進撃の巨人展FINAL チラシ
  2. 【無印良品】ゴールデンウィーク中のご飯にレトルト買い込み!
  3. 世代ど真ん中だった!!『週刊少年ジャンプ展 vol2』
  4. デジタル通貨を買ってみた記録!とりあえず元は取っている!
  5. 【コレクション】カードダス:SDガンダム外伝シリーズ
  6. 懐かしい!!カードダスSD戦国伝!!
  7. 【UNIQLO】ユニクロ誕生感謝祭で買いだめ!

アーカイブ

  1. 日常

    グアムから帰国
  2. MTG

    【MTG】FNMで初の全敗。。。
  3. iPhone

    iPhoneにくる迷惑メールの個別撃退方法
  4. 日常

    『デザイン・ルールズ』
  5. 日常

    ゴミと洗濯機
PAGE TOP