日常

「原研哉トークショー」

2008年6月1日、『白』の刊行を記念して原研哉のトークショーがあった。
この方の考え方は、好きでほとんどの部分に共感できるし、目指している方向と同じところがあるんだよな。
空白、Emptinessというコンセプトを「白」という概念でまとめた著作。この日本文化的なコンセプトは、世界に通じるデザイン・コンセプトだろう。
フォーカス・ポイントをつくらない、あいまいなまま物事を受け入れるキャパシティをもったエンプティネスという方法はローカルだからこそ、グローバルに通用する。
「シンプル」というエンプティと似たような概念が西洋にある。この二つはまったくの別物だと原はいう。確かにシンプルには深みがない。エンプティには物事を受け入れる器のような余地がある。それは無印良品を見れば、わかる。シンプルというよりも、エンプティ。日本人の美意識のルーツだ。
デザインについては、差違のコントロールである、と原は常々言ってきた。最小のコントロールでデザイン要素をレイアウトすればナチュラルなものができる。その結果が、原のエディトリアル・デザインの「白」だ。
この「白」についても、おもしろい捉え方をしている。ここでいう「白」は色ではない、と。「色がない」という意味の白、「白」という感じ方、という物理的な色ではないという考え方だ。「白という概念」があるんだということだろう。
これはウツ(空)の概念としても有名であり、日本文化の根っこにあたる重要なものだ。日本のコミュニケーションも、空白である「間」を大切にしている。
こうした色の文化は、世界に点在する文化の数だけあるのだろう。
古代の日本には「赤」「青」「白」「黒」という色意識しかなかったという話も気になった。
応えを呼び込む「間」をどうやって創るのか。
シンプルとはまったく違う文化を実践するにはどうするか。
まだ『白』を読んでいないが、ヒントはそこにあると思う。

関連記事

  1. 日常

    フリーの日々

    いろいろとタイミングもいいので、今週の水曜日から、おもいきってフリー…

  2. 日常

    メシ

    あったあった、安いところ。青山学院大学の学食。一応守衛さんはい…

  3. 日常

    「デザインと新価値創造」

    2008年8月6日、夕方から東京ミッドタウンのデザインハブでセミナーが…

  4. 日常

    編集はつづく

    しまった、編集の仕事は終わったけど、映像編集の仕事がちょっと大変…

  5. 日常

    シェイクスピアの故郷「Stratford Upon Avon」

    ストラットフォード・アポン・エイボンと読む。Readingからは直接…

  6. 日常

    フレーズを集める

    フレーズ学習のネタ帖がこれ。これには4200フレーズも掲載して…

最近の記事

  1. ホワイトハウスコックスの財布
  2. 進撃の巨人展FINAL チラシ
  3. 【無印良品】ゴールデンウィーク中のご飯にレトルト買い込み!
  4. 世代ど真ん中だった!!『週刊少年ジャンプ展 vol2』
  5. デジタル通貨を買ってみた記録!とりあえず元は取っている!
  6. 【コレクション】カードダス:SDガンダム外伝シリーズ
  7. 懐かしい!!カードダスSD戦国伝!!

アーカイブ

  1. テーブルウェア

    ビームスとファイヤーキングのコラボ「アルファベット・マグ」が届きました♪ シンプ…
  2. グルメ

    カップヌードル・ヒートアップメニュー第2弾「ブラックみそヌードル」はご飯にあう!…
  3. 日常

    デビュー!?
  4. サービス

    小銭をジャラジャラさせないスマート会計を目指して「楽天Edyカード」導入
  5. イベント

    星や宇宙をテーマにした期間限定のカフェ「星☆宙カフェ」に行ってきた
PAGE TOP