日常

「ブックデザインにおけるフォント活用とDTPの今」

2007年11月11日、印刷博物館にておこなわれたエディトリアル・デザインについてのトークイベント。
出演は、編集者の太田克史、DTPディレクターの紺野慎一、デザイナーの坂野公一、祖父江慎。
デザイナーばかりではなく、編集、印刷会社それぞれの立場からの話を聞くことができた。
進行役は、紺野慎一。まずは「DTP」という単語の確認から。
一般的には「デスクトップパブリッシング」という工芸的なニュアンスで知られている。ただ、現場レベルでの印象は「デスクトッププリプレス」という工業的なシステムといったイメージらしい。コスト削減といった意味合いで導入しているということだろう。
実際は、情報を発信する側のやりたいことを実現するための「DTP」のはず。それが単なるコスト削減の便利なシステム程度の運用例が少なくないという。これはもったいない話だ。
いまではかなり、本文のビジュアルにこった著者や編集者もでてきているようで頼もしい。
情報発信者側に強い気持ちがあればDTPというのはいい道具になるだろう、これが全員に共通な意見だった。強い思いを持てば高機能なソフトウェアに振り回されずに本来のデザインワークもできるというもの。
デザイナーがソフトウェアをどのように使っているかも少し披露された。
祖父江慎は、さすがに無茶苦茶。本文にでてくる各平仮名を別々のフォントにして組み合わせるとかを合成フォントの特殊文字なんかを駆使して実現させたり。イメージ先行でどうやったらソフトの力で実現できるかを試行錯誤している。ソフトウェアを振り回している好例だ。
造本するときは、気に入っている案と気にいらない案の両方を進めることがコツだという。スタンダードをふまえつつも、はずしていくということか。
デザインに迷ったら強いデザインにしてみるといいという。無難なデザインにはいつでも戻ることができるから。
坂野公一は、インデザインの機能を使って印刷時のシミュレーションをしていた。一番上のレイヤーに紙色を設定して乗算にするのがその方法。
デザイナー視点に加えて編集/印刷側の視点もあると、話にリアリティがあっていいな。
コストや手間の削減は確かに大切だ。でも、やっぱり本来の工芸的な「DTP」が増えていかないとおもしろくない。
それには、編集者はもちろん著者も印刷会社も巻き込んで突き進むしかない。

関連記事

  1. 日常

    『graphic DESIGN cookbook』

    料理はデザインだ。食べたい物、人の好み、冷蔵庫の中身、食べる…

  2. 日常

    家具に夢中

    IKEAにいってきた。横浜にあり、駅から店舗直通のバスが無料で走…

  3. 日常

    なつかしの日曜日

    先日の日曜日は、さらに懐かしい方々に会った。前の会社で非常にお世…

  4. 日常

    DTP BOOSTER vol.2

    土曜日、銀座のアップルストアで開催された無料のセミナー。その名の通り…

  5. 日常

    東京に戻ってしまった

    と、広島を満喫して帰ってきた。今までけっこう走りっぱなしだったか…

  6. 日常

    準備OK

    とうとう明日、岐阜へと発つ。午前中おそくにレンタカーをピックアッ…

最近の記事

  1. ホワイトハウスコックスの財布
  2. 進撃の巨人展FINAL チラシ
  3. 【無印良品】ゴールデンウィーク中のご飯にレトルト買い込み!
  4. 世代ど真ん中だった!!『週刊少年ジャンプ展 vol2』
  5. デジタル通貨を買ってみた記録!とりあえず元は取っている!
  6. 【コレクション】カードダス:SDガンダム外伝シリーズ
  7. 懐かしい!!カードダスSD戦国伝!!

アーカイブ

  1. LEGO

    「レゴで作った世界遺産展 PART-3」 サテライト会場でブロックをカチッとして…
  2. iOS

    外部からインポートしたクラスはコンパイル設定が必要かもしれない
  3. イベント

    JAXA相模原キャンパス特別公開 2011-2
  4. 日常

    『芸術としてのデザイン』
  5. 包む

    展覧会

    包む―日本の伝統パッケージ展
PAGE TOP