日常

「さよなら ナム・ジュン・パイク展」

そら

ビデオ・アートの先駆けで、かなり頭のいい人だという印象がずーっとあり、実際に作品を見るのは初めて。
今では派手なグラフィックや、高度なCG技術が連想されるビデオ・アートだけど、パイクの作品はどれもアナログ感漂うインスタレーションだった。
なかでもロウソクを使った作品がキレイだったな。
あの炎のゆらぎとデジタル感があわさったものは、今までにない感覚だった。
映像のみの表現にとどまらず、その空間を意識したものばかり。
映像を映し出すハードそのものも問題にされている、つまりモニター。
モニターの箱のような物質感が、映し出される映像の存在感と混ざるのはおもしろい。
今ならば、液晶テレビのような「薄いモニター」を使った映像空間をどのように創るかを観たい。
撮影したものが、即座にモニターに映し出されるという同時性に注目していたようで、ビジュアル作品にもテーマとして扱われるほど。
ヨーロッパ、日本、アメリカを巻き込んでの同時テレビ番組中継は、歴史に残るものだろうな。
時間軸のコラージュを意識した表現も時代の先をいっていたようだ。
展覧会を記念して出版した本には、パイクと親しかった人たちが記事を寄せている。
読んでみると、その先進的な考え方よりもその人柄について語っていることが多く、パイクの別の面をしることができた。
かなり自分の考え方を強く持っている人で、気配りも細かくできる温厚な人柄だったそう。

関連記事

  1. 日常

    捨てる覚悟

    新しい環境が始まって、新しい年も始まろうとしている。せっかくだか…

  2. 日常

    バックアップ

    パソコンのデータをひたすらバックアップ。映像、写真なんかをけっこ…

  3. 日常

    大琳派展

    2008年11月3日、東京国立博物館で開催されている「大琳派展」にいっ…

  4. 日常

    仕事を受けるか、どうするか

    新しい仕事の顔合わせ。携帯電話コンテンツ映像の編集という内容だった。…

  5. 日常

    Tate Britain & SHIPLEY

    本日、午後の英語の授業をスキップしてTate Britain(テート・…

  6. 日常

    Creator's Table vol.3

    メルマガ「日刊デジクリ」企画、富士ゼロックス株式会社・デジタルクリエイ…

最近の記事

  1. ホワイトハウスコックスの財布
  2. 進撃の巨人展FINAL チラシ
  3. 【無印良品】ゴールデンウィーク中のご飯にレトルト買い込み!
  4. 世代ど真ん中だった!!『週刊少年ジャンプ展 vol2』
  5. デジタル通貨を買ってみた記録!とりあえず元は取っている!
  6. 【コレクション】カードダス:SDガンダム外伝シリーズ
  7. 懐かしい!!カードダスSD戦国伝!!

アーカイブ

  1. iOS

    XcodeでARCではないプロジェクトをARC仕様に変換する方法
  2. 【UNIQLO】コスパ最高なニットキャップ!

    ファッション

    【UNIQLO】コスパ最高なニットキャップ!
  3. 展覧会

    無印良品ファンなら行こう!「田中一光とデザインの前後左右」展
  4. LEGO

    レゴ「はやぶさ」商品化決定!
  5. 日常

    『DESINING DESIGN』
PAGE TOP