UK? OK!!

展覧会

ロンドングラフィックデザイン展

UK? OK!!
気になっていた展覧会に行ってきました。
展示自体は8/6からやっていたみたいだけど、開催ラスト3日間だけTomatoによるサウンドインスタレーション「Speak Music」が楽しめるよう。事前に知らなかったから、ちょうどよかったなあ、いいタイミングでした。
「Speak Music」は、展示参加デザイナーの声から生まれた音楽。インタビュー映像と展示作品とともにインスタレーションされていました。PC上にいくつかの ルールを設定することで、人の声から自動的にさまざまな音を作りだすことができるシステムを構築して、インタビューの声が音楽に変換されているのです。ボタン ひとつで声から音楽を創りだすアプリケーションの実用化も目指しているそう。自分の声がどんな音楽になるか試してみたいですねー。

UK? OK!!
展示は音を扱うので四方をベニヤ板で囲んで、その内側に入って作品を鑑賞する仕組み。
展示メディアにiPadが使われていました。iPadの薄さと軽さが取り回しやすいのでしょう。これからのアート展示やインスタレーションの作品そのものにiPadが使われていくことになるんだろうなあ。

UK? OK!!
展示作品はデザインというよりもアート。
この企画に参加した デザイナーがインタビュー映像で共通して言っていたことは、何らかの形で音楽から影響を受けて活動しているということ。音楽そのものや、オーディオシステ ム、CDジャケット、ブックレットなどなど。本当にUKのグラフィックデザインは音楽と関わりが深いのですね。

UK? OK!!
取り上げられているデザイナーは、生活のための仕事の他にも積極的に活動をしています。自分たちの作りたいものをつくるというアーティスト活動ですね。そこから仕事にもつながったりしているみたいです、すばらしい。アート作品も仕事として成立するというのはロンドンが持つ文化的基盤なのかもしれないです。
比較的若者のアート作品でも、企業がちゃんと評価して採用するという社会環境ができあがっているよう。そういう企業が多いのかもしれないですね。これも文化なのでしょうか、ちょっとうらやましい。

展示された作品やインタビュー映像を観ていると、自分たちの感覚を信じて作品をつくっているということがよく伝わってきます。
やっぱりそういうことも必要だよな、とそう思いました。

関連記事

  1. 展覧会

    透明感ある絵が最高!!『ターナー展』

    私が画家の中で一番好きなターナーの大回顧展があったので行ってきまし…

  2. 展覧会

    光琳ふたつの金屏風が海を越えて100年ぶりに再会する『KORIN展』で注目したい3つのポイント

    “KORIN”とは“尾形光琳”のことで、江戸時代中期を代表する画家のひ…

  3. 展覧会

    日本らしいシンプル系が多数展示されていた「GRAPHIC DESIGN IN JAPAN 2012」…

    先日ちょっと久しぶりに東京ミッドタウンのDESIGN HUB(デザ…

  4. 展覧会

    ちょっと規模が小さくなった??「第16回 文化庁メディア芸術祭」

    すっかり記事のアップが遅くなりましたが記録しておきます。2/13…

  5. ルリユール展

    展覧会

    「平まどか ルリユ−ル展」の搬入お手伝い

    先週の日曜日、ギャラリー展示の搬入を手伝いました。この手の仕事は以…

  6. 展覧会

    「ミッション:フロンティア 知覚の宇宙へ」展

    ルネサンスのころ、確かに科学と美術は重なっていた。それが長い間、一…

最近の記事

  1. 進撃の巨人展FINAL チラシ
  2. 【無印良品】ゴールデンウィーク中のご飯にレトルト買い込み!
  3. 世代ど真ん中だった!!『週刊少年ジャンプ展 vol2』
  4. デジタル通貨を買ってみた記録!とりあえず元は取っている!
  5. 【コレクション】カードダス:SDガンダム外伝シリーズ
  6. 懐かしい!!カードダスSD戦国伝!!
  7. 【UNIQLO】ユニクロ誕生感謝祭で買いだめ!

アーカイブ

  1. 読書

    iPhoneアプリ勉強用に『iPhoneアプリ開発塾』を買ってみた
  2. Mac

    Macの「”ほげほげ”は、開発元が未確認のため開けません。」を解決する方法
  3. JavaScript

    「offset」と「style」で取得する値が違う
  4. 日常

    拡張現実のセカイ
  5. 【コラージュ日記3】D&D会員証

    日常

    【コラージュ日記3】D&D会員証
PAGE TOP