展覧会

ウィリアム・クライン『PARIS+KLEIN』写真展

Paris klein 1

展示方法が変っていた。
薄暗い会場には、大きく伸ばされた写真がスポットライトに照らし出されて輝いていた。
しかも、一抱えほどもあるプリントはびっしりと隙間なく並んでいる。

Paris klein 2

一枚の写真を観ると同時に両脇の写真もちらりと眼に飛び込んでくる。そのコラボレーションが心地よかった。
もうひとつ、特徴的なのは画題がまったくついていないことだ。入場時にもらう資料と展示作品の右下に付いている番号を照らし合わせて、その画題を割り出すという趣向だった。画題から浮ぶイメージを締め出し、写真そのものを見せたいということなのだろう。画題があると、無意識にもこちらが畏まってしまうものだ。

Paris klein 4

展示されてある写真は、ほとんどが目線から捕らえられている。しかも対象とまっすぐに向き合ったものが多い。パリの雰囲気が伝わってくるのがハッキリと、わかる。ブレた写真もその色彩も加わり、パリを訴えてくる。
欲をいうならば、視点を変えたものをもっと観たかった。

Paris klein 5

特に気になったのは、コンタクトプリントにペインティングしたものだ。
赤、青と原色のペイントがコンタクトと絡み合っていた、こういう方法もあったのかと衝撃的でさえあった。しかも、映像作品として「Contacts」というコンタクトプリントを映像化したものまである!作家に自分のコンタクトプリントの解説をしてもらうという内容らしいが、当日はやっていなかった。DVDとして売っていたのでそのうち手にいれてやろうと思っている。
この「Contacts」、内容は違ってもコンタクトプリントを映像化するという試みを近いうちにやってみたい。

Paris klein 6

クラインは、森山大道もお手本にしたという。駆け出しの森山は写真集『ニューヨーク』のかっこよさに憧れ、クライン流を目指したのだとか。なるほど、森山の『新宿』とクラインの『ニューヨーク』はテイストがそっくりだ。
森山大道風の作品が流行っている中、やるならばクラインまで遡るべきだろう。

Paris klein 3

気になるのは、
これだけの写真家が産みだした「映像」とはいったいどういうものなのだろうか、
ということだ。

関連記事

  1. 展覧会

    無印良品ファンなら行こう!「田中一光とデザインの前後左右」展

    グラフィックデザイナーとして有名な田中一光さんですが、「無印良品」の初…

  2. 展覧会

    ゆっくり堪能したい!「レゴブロック」で作った世界遺産展 PART-3

    この展示が始まって2週目くらいに行ってきました。それでもちょっと…

  3. 展覧会

    1つのホテルの100部屋に100名のアーティスト!?「BODAIJU EXPO」開催!

    大阪の「ボダイジュ・カフェ」と「ニューオーサカホテル心斎橋」のコラ…

  4. 展覧会

    ちょっと規模が小さくなった??「第16回 文化庁メディア芸術祭」

    すっかり記事のアップが遅くなりましたが記録しておきます。2/13…

  5. 展覧会

    コンパクトなGR DIGITAL写真展「GRバトン写真家リレー」に行ってきた

    全12人の写真家がGR DIGITALを使って撮影した写真を展示し…

  6. メディア芸術祭

    展覧会

    メディア芸術祭にいってきた

    先週の日曜日に行ってきました、文化庁メディア芸術祭。会期終了くらい…

最近の記事

  1. ホワイトハウスコックスの財布
  2. 進撃の巨人展FINAL チラシ
  3. 【無印良品】ゴールデンウィーク中のご飯にレトルト買い込み!
  4. 世代ど真ん中だった!!『週刊少年ジャンプ展 vol2』
  5. デジタル通貨を買ってみた記録!とりあえず元は取っている!
  6. 【コレクション】カードダス:SDガンダム外伝シリーズ
  7. 懐かしい!!カードダスSD戦国伝!!

アーカイブ

  1. ソフトウェア

    Lightroom4→ Lightroom5にデータとカタログを移行する方法
  2. 日常

    「解る&判る&分かる文字組版」
  3. 日常

    ECCテスト
  4. 日常

    『下流社会』
  5. 日常

    たいへん?
PAGE TOP