展覧会

光琳ふたつの金屏風が海を越えて100年ぶりに再会する『KORIN展』で注目したい3つのポイント

“KORIN”とは“尾形光琳”のことで、江戸時代中期を代表する画家のひとりです。名前は知らなくてもその作品を見れば「見たことあるな」と多くの人が思うのではないでしょうか。

展覧会 / 開催中|根津美術館

地下鉄・表参道駅から歩いて10分ほどにある根津美術館で開催中の『KORIN展』の目玉は、光琳の代表作で国宝の『燕子花図屏風』と、ニューヨークのメトロポリタン美術館に所蔵される『八橋図屏風』が同時に展示されるところです。
光琳が同じテーマを、同じ六曲一双屏風に、10数年の時をおいて描いた2つの作品が、太平洋を越えておよそ100年ぶりに並ぶんですよ! 
これは見逃せません!!

5/13、実際にこの眼で観てきました!
ふたつ並んだ金屏風は長く観ていても飽きないです。開期は5/20(日)までなのでもう時間がありませんが、これから『KORIN展』観覧する方にぜひ観て欲しい3つのポイントをご紹介します。

1:屏風は立体的に観る

Korin2

屏風はその立ち姿から真正面でも立体的に観ていることになるんですが、前後左右すべてを使って屏風を鑑賞してください!
屏風に対してほぼ真横から観るとまた違う絵柄を観ることができますよ。屏風は平面作品ではなく、立体作品として観ることをオススメします。

私が鑑賞していたときに、こういう見方をしている人はいませんでしたから、もったいないなあと思っていました。
屏風は『燕子花図屏風』と『八橋図屏風』の他にもいくつか展示されていますので、そのすべてで試してほしいポイントです。

2:余白を観る

これは日本画などにはすべて言えることかもしれませんが、ぜひ意識して観てください。
文字と絵と余白の関係が感じられるようになると今まで以上に日本画の鑑賞が楽しくなりますよ。

ポスターなどのデザインを見る目も養われるというものです。「間(ま)の取り方がうまい」という表現を聞いたことがあるかもしれませんが、時空間の制御は日本文化の得意とするところのひとつですので、デザインに興味がない人でもぜひ一度意識してみてください。

3:署名の位置を観る

Korin1

これも余白を観ることに通じていますが、署名の位置に注目するとおもしろいので別の項目にしました。
署名は作品に比べてほんとに小さなものですよね。
ですが、署名はスパイスのような存在なんです。その1行が作品のすべてを引き立てているんです。

試しに作品にある署名が「もしもそこになかったら」と考えて鑑賞してみてください。すると、作品がなんだか締まらない気がしませんか?
「自分が画家ならどこに署名するか」と考えるだけで作品にぐっと入り込むことができますよ。

今週末、会場は混雑が予想されますが、せっかくの貴重な機会ですので多くの人に楽しんでいただきたいと思います。
鑑賞方法は人それぞれあると思いますが、3つのポイントはぜひ試してみてください。これまでと違った感覚を味わうことができると思いますよ。

おまけの3つ

以下の3つも楽しみましょー。

  1. 他の展示も観ちゃいましょ
  2. 展示は他にも観ることができます。
    行った当日は以下をやってました。

    • 仏教彫刻の魅力
    • 古代中国の青銅器
    • きらめく螺鈿
    • 初夏の茶
  3. 庭園散策で癒される
  4. 広い庭があります!マイナスイオンたっぷりでした。
    ゆっくりと歩くと癒されますよ♪
    Korin4

    Korin5

  5. おみやげも忘れずに♪
  6. ミュージアアム・ショップも覗きましょう。
    小さいクリアファイルなんかおすすめですよ。
    他にもたっぷり売ってました。
    Korin8

展覧会 / 開催中|根津美術館

この記事は以前ガジェット通信に掲載された記事を
リライトしたものです。

光琳ふたつの金屏風が海を越えて100年ぶりに再会する『KORIN展』で注目したい3ポイント – ガジェット通信

▼光琳に興味ある方にオススメな本

関連記事

  1. 展覧会

    無印良品ファンなら行こう!「田中一光とデザインの前後左右」展

    グラフィックデザイナーとして有名な田中一光さんですが、「無印良品」の初…

  2. 展覧会

    あれから30年!?ビックリマン30周年記念原画展にいってきた

    あの「ビックリマン」が30周年を記念して原画展をやっているとい…

  3. ルリユール展

    展覧会

    「平まどか ルリユ−ル展」の搬入お手伝い

    先週の日曜日、ギャラリー展示の搬入を手伝いました。この手の仕事は以…

  4. 展覧会

    世界が恋した日本のデザインを観よう!『KATAGAMI Style展』の見どころ3つ

    「KATAGAMI」とは「型紙」のこと。鎌倉から南北朝時代にかけて…

  5. 展覧会

    日本らしいシンプル系が多数展示されていた「GRAPHIC DESIGN IN JAPAN 2012」…

    先日ちょっと久しぶりに東京ミッドタウンのDESIGN HUB(デザ…

  6. 展覧会

    マイケル・ヤマシタ写真展

    愛読書の『ナショナル・ジオグラフィック』の契約写真家だということで…

最近の記事

  1. ホワイトハウスコックスの財布
  2. 進撃の巨人展FINAL チラシ
  3. 【無印良品】ゴールデンウィーク中のご飯にレトルト買い込み!
  4. 世代ど真ん中だった!!『週刊少年ジャンプ展 vol2』
  5. デジタル通貨を買ってみた記録!とりあえず元は取っている!
  6. 【コレクション】カードダス:SDガンダム外伝シリーズ
  7. 懐かしい!!カードダスSD戦国伝!!

アーカイブ

  1. ジャポニカ学習帳の表紙人気投票に決着!昆虫柄の強さを見よ!

    ステーショナリー

    ジャポニカ学習帳の表紙人気投票に決着!昆虫柄の強さを見よ!
  2. 日常

    香港政府観光局
  3. 展覧会

    マリオ・テスティーノ写真展 ポートレート
  4. Appleイベント

    WWDC 2014で思ったことメモ
  5. Facebook

    Facebook広告の予算を変更する方法
PAGE TOP