WordPress4.1でMarkDown記法を使うように設定してみた

WordPress

WordPress4.1でMarkDown記法を使うように設定してみた

今までWordPress3系を使っていました。先日新しくテーマを買ったことで、WordPress4系を使うことにしました。なんのテーマを買ったかは以下の記事にあります。このテーマはオススメ♪

せっかくWordPress4系になったので、MarkDown記法も使うことにしました。
使うにはプラグインをインストールするだけです。

1 「JP Markdown」を検索してインストール

プラグイン項目の新規追加から「jp markdown」を検索しましょう。
そして「いますぐインストール」ボタンをクリックしてインストール♪


JP Markdown1

2 プラグインを有効化

インストールが完了したら忘れずに「プラグインを有効化」します。
これでMarkdown記法を利用できるようになりました。


JP Markdown2

3 コメントもMarkdownを利用可能

設定項目の「ディスカッション」を選択。
「Markdown」の項目があるので、チェックをいれましょう。
これでコメントもMarkdownできます。


JP Markdown3

以下を参考にさせていただきました。

これで運用がちょっと楽になった気がします♪
MarkDown記法を試したことがない人はぜひ一度試してみてください。
以下にカンタンな利用方法が載ってます。

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
See the Markdown page for instructions on enabling Markdown for posts, pages and comments on your blog, and for more detailed information about using Markdown. Markdown Processed Emphasis *Emphasize* _emphasize_ **Strong** __Strong__ Emphasize Strong Some WordPress.com themes may have different formatting for these styles Inline Links A [link](http://example.com "Title"). Most browsers show the title text…

関連記事

  1. 便利なタグがいっぱい! 記事作成が捗るWPプラグイン「AddQuicktag」

    WordPress

    便利なタグがいっぱい! 記事作成が捗るWPプラグイン「AddQuicktag」

    必要というわけではなく「あったら便利」というWordPressプラグイ…

  2. WordPress

    『zenback』をWPプラグインで簡単に設定できる「EZ zenback」が便利!

    『zenback』をブログに導入する時は、コードをphpファイルに埋…

  3. top

    WordPress

    blogデザイン更新。

    ちょっと久しぶりにデザイン更新。シンプルに、blogへのリンク画像…

  4. 検索フォーム

    WordPress

    検索フォームを追加。

    ますますブログっぽくなってきた。検索するとこんな感じで表示される…

  5. WordPressの基本的な設定項目をおさらい2「投稿設定」篇

    WordPress

    WordPressの基本的な設定項目をおさらい2「投稿設定」篇

    WordPressの基本設定をおさらい、というかメモです。設定項目の投…

  6. WordPress

    Twitterボタンの導入メモ

    Twitterボタンはわりとカンタンに導入できますね。すでにブログ…

最近の記事

  1. ホワイトハウスコックスの財布
  2. 進撃の巨人展FINAL チラシ
  3. 【無印良品】ゴールデンウィーク中のご飯にレトルト買い込み!
  4. 世代ど真ん中だった!!『週刊少年ジャンプ展 vol2』
  5. デジタル通貨を買ってみた記録!とりあえず元は取っている!
  6. 【コレクション】カードダス:SDガンダム外伝シリーズ
  7. 懐かしい!!カードダスSD戦国伝!!

アーカイブ

  1. 日常

    「ニッポンのデザイナー展」ギャラリートーク1
  2. 日常

    充実した時間
  3. 日常

    『伝統の逆襲』
  4. 日常

  5. 展覧会

    東京を旅したくなる「d design travel TOKYO展」
PAGE TOP