jQuery

ChromeでjQueryの「ソースマップ」読み込みがエラーを起こしていた件

Chromeでwebアプリのデバッグ中に以下のようなエラーがいきなり出てしまいました。
なにかファイルが足りないって言ってるみたいですが「jquery.min.map」とか知らないし、これまで使ったこともないです。

1
http://hoge/hoge/jquery.min.map 404 (Not Found)

chrome_jquery_min_map

調べてみるとjQuery 1.9の新機能で「ソースマップ」に対応した、というのに関係あるみたいでした。圧縮版のjquery.min.jsを使っているのですが、圧縮してあるがゆえに覗き込んでもその中身は意味不明。そこでこの「ソースマップ」が活躍するみたいです。圧縮されているソースもこの「マップ」があれば中身を理解できる!っていう便利アイテムだそう。

しかし、今はいりません!

というわけで、「ソースマップ」を使わない設定にします。

Chromeで「ソースマップ」を使わない設定方法

  1. Chromeの「設定」アイコンをクリック
  2. Chromeのデベロッパーツールの右下にある「設定」アイコンをクリック
    chrome_jquery_min_map

  3. 「Enable source maps」をオフ
  4. 「General」にある「Enable source maps」のチェックを外します。
    chrome_jquery_min_map

これで今まで通りにエラーが出なくなりました。
使いようによっては便利なんでしょうけど、
今のわたしには不要!

なにかの拍子にデベロッパーツールの設定が変更されちゃったのかもしれません。

「ソースマップ」はこれから活躍してくれるんでしょうか。
自分で作ったJSファイルを圧縮して、マップをアップしておくとデバッグもできてファイル総量も節約になると考えるといいのかもしれませんが、実践的なのかはまだわかりません。

まあ覚えておいて損はなさそうですね。

▼参考にさせていただきました

関連記事

  1. duration.jpg

    jQuery

    jQueryの「duration」ってホントは何秒なんだよ、をちょっと解決

    jQueryのアニメーションではdurationを設定できます。…

  2. fadeto.jpg

    jQuery

    透明度をあやつる jQueryのコード

    各要素の透明度を、指定した値まで徐々に変化させる効果です。半透明…

アーカイブ

  1. コメント欄

    WordPress

    コメント覧とBlogのタイトル画像追加
  2. f_tokyo_guide_00-1.jpg

    プロダクト

    【F-TOKYO-00】フライターグのスタンプラリー「F-TOKYO GUIDE…
  3. 日常

    香港ロケ1 5/17
  4. LEGOはやぶさ

    レゴ本社からの熱いメッセージ!
  5. リンク集追加

    WordPress

    リンク集追加で、3段組。
PAGE TOP