JavaScript

JavaScriptでエラーが起っても固まらないように「try-catch」する

Trycatch

HTML5とJavaScriptでこねこねしてWebアプリを作っています。
効果音を鳴らして次の画面に遷移するときに、その効果音の再生を「stop」していたりすると、たまにですが、効果音の再生がすでに終わっているのに「stop」かけたりしてしまうことがあるんですね。

すると、音が再生されていないのに「stop」かけてしまうのでエラーがでてJavaScriptの処理がそこで止まってしまうということが起ってしまうんです。

そこで、エラーが起っても処理が止まらないようにしたい!
ということで実装したのが以下のコードです。

1
2
3
4
5
try {
    //ここにエラーが起っても無視したいプログラム
} catch(e) {
 
}

これでエラーが起きても、そのコードで止まったままにならずに、先に進むというわけです。
多用するのは避けるべきですが、使いどころを見極めて使っていきたいもんです。

関連記事

  1. scope.jpg

    JavaScript

    JavaScriptでは「変数のスコープ」を正しく理解してエラーを減らそう!

    変数の「スコープ」は正しく理解しないと、エラーにならないエラーが起…

  2. js_comment.jpg

    JavaScript

    JavaScriptでコメントは「/* */」をなるべく使わないようにしたい

    コメントには囲った部分をすべてコメントにする「/* */」と、1…

  3. 20120826222152

    JavaScript

    JavaScriptでテキストボックスから値を取得する

    テキストボックスに入力された値を取得します。Elementオブジ…

  4. getElementById

    JavaScript

    JavaScript内で、HTMLのIDを直接指定したらダメ

    Webアプリをデザインしていて、JavaScriptの記述について…

  5. offset_style.jpg

    JavaScript

    「offset」で取得した値を使い回す

    ちょっとはまったのでメモ。以下のように「offset」と「sty…

  6. obj_clear.jpg

    JavaScript

    配列に入れた無名オブジェクトの値をクリアする

    オブジェクトの値を配列にいれて管理することってけっこうあります。…

アーカイブ

  1. hana_jinsei-5.jpg

    展覧会

    荒木経惟 花人生展
  2. 日常

    挑戦
  3. 日常

    あけました。
  4. ここだけのラーメン雑炊は試してほしい!「奨(TASUKU)」

    グルメ

    ここだけのラーメン雑炊は試してほしい!「奨(TASUKU)」
  5. 日常

    ブラックボックスの中で
PAGE TOP