JavaScript

JavaScriptでエラーが起っても固まらないように「try-catch」する

Trycatch

HTML5とJavaScriptでこねこねしてWebアプリを作っています。
効果音を鳴らして次の画面に遷移するときに、その効果音の再生を「stop」していたりすると、たまにですが、効果音の再生がすでに終わっているのに「stop」かけたりしてしまうことがあるんですね。

すると、音が再生されていないのに「stop」かけてしまうのでエラーがでてJavaScriptの処理がそこで止まってしまうということが起ってしまうんです。

そこで、エラーが起っても処理が止まらないようにしたい!
ということで実装したのが以下のコードです。

1
2
3
4
5
try {
    //ここにエラーが起っても無視したいプログラム
} catch(e) {
 
}

これでエラーが起きても、そのコードで止まったままにならずに、先に進むというわけです。
多用するのは避けるべきですが、使いどころを見極めて使っていきたいもんです。

関連記事

  1. css_sprite.jpg
  2. js_global.jpg

    JavaScript

    JavaScriptでグローバル変数を減らす方法

    グローバル変数はいいことない!もしかしたら使っているライブラリー…

  3. offset_style_data.jpg

    JavaScript

    「offset」と「style」で取得する値が違う

    ちょっとはまったのでメモ。以下のように「offset」と「sty…

  4. 20120826222152

    JavaScript

    JavaScriptでテキストボックスから値を取得する

    テキストボックスに入力された値を取得します。Elementオブジ…

  5. chrome_touchevents.jpg

    JavaScript

    WebアプリのデバッグをChromeでやるために「touch events」を有効化する方法

    Webアプリのデバッグは「Chrome」をいつも使ってます。その…

  6. offset_style.jpg

    JavaScript

    「offset」で取得した値を使い回す

    ちょっとはまったのでメモ。以下のように「offset」と「sty…

アーカイブ

  1. 日常

    寂菖蒲
  2. shoehorn-1.jpg

    無印良品

    【無印良品】シンプルでかっこいい!「携帯用くつべら」
  3. 日常

    おっかしいな
  4. 日常

    撮影
  5. 日常

    Tension
PAGE TOP