JavaScript

JavaScriptでローカルストレージを使うときに覚えておきたい文字列型から数値型への変換方法

ParseInt

HTML5を使ったWebアプリをデザインしているときに必要だったのでメモしておきます。

ローカルストレージで数値を管理する場合は必要な処理です。

ストレージから数値を読み込んで使おうとすると、「数値」ではなく「文字」として認識されてしまうためうまく動作してくれませんでした。

そこで使ったものが以下。

1
2
//文字列型から数値に変換
var hoge = parseInt(local_storage);

ローカルストレージから読み込んだ値に
「parseInt」をして数値に変換しています。

忘れないようにしないと♪

関連記事

  1. fb022d1ac056d555673c17937de7f431.png

    JavaScript

    強力なアニメーション用のJavaScriptライブラリー「TweenMax.js」が便利!

    jQueryでもアニメーションはできるのですが、それよりも表現力豊…

  2. chrome_touchevents.jpg

    JavaScript

    WebアプリのデバッグをChromeでやるために「touch events」を有効化する方法

    Webアプリのデバッグは「Chrome」をいつも使ってます。その…

  3. oncomplete_function.jpg

    JavaScript

    【TweenMax】「onComplete」で引数を使う方法

    TweenMaxの「onComplete」で引数を使いたい場合って…

  4. QueryString.jpg

    JavaScript

    クエリーストリングを利用してWebページ間でデータを受け渡してみる

    「クエリーストリング」っていうのは以下のようなGoogleで検索し…

  5. 20120826222152

    JavaScript

    JavaScriptでテキストボックスから値を取得する

    テキストボックスに入力された値を取得します。Elementオブジ…

  6. getElementById

    JavaScript

    JavaScript内で、HTMLのIDを直接指定したらダメ

    Webアプリをデザインしていて、JavaScriptの記述について…

アーカイブ

  1. obj_clear.jpg

    JavaScript

    配列に入れた無名オブジェクトの値をクリアする
  2. 留学

    『人は見た目が9割』
  3. 日常

    フリーマーケット
  4. 16th_japan_media_arts-1.jpg

    展覧会

    ちょっと規模が小さくなった??「第16回 文化庁メディア芸術祭」
  5. 日常

    『チラシデザイン』
PAGE TOP