JavaScript

JavaScriptでローカルストレージを使うときに覚えておきたい文字列型から数値型への変換方法

ParseInt

HTML5を使ったWebアプリをデザインしているときに必要だったのでメモしておきます。

ローカルストレージで数値を管理する場合は必要な処理です。

ストレージから数値を読み込んで使おうとすると、「数値」ではなく「文字」として認識されてしまうためうまく動作してくれませんでした。

そこで使ったものが以下。

1
2
//文字列型から数値に変換
var hoge = parseInt(local_storage);

ローカルストレージから読み込んだ値に
「parseInt」をして数値に変換しています。

忘れないようにしないと♪

関連記事

  1. tweenmax_js_totation.jpg

    JavaScript

    【TweenMax.js】回転アニメーションも楽々!

    以前も記事に書いたアニメーション用のJavaScriptライブラリ…

  2. tweenmax_license01.jpg

    JavaScript

    「TweenMax.js」をビジネス利用のためのライセンス購入方法

    いつもJavaScriptのアニメーション部分でお世話になってる「…

  3. QueryString.jpg

    JavaScript

    クエリーストリングを利用してWebページ間でデータを受け渡してみる

    「クエリーストリング」っていうのは以下のようなGoogleで検索し…

  4. oncomplete_function.jpg

    JavaScript

    【TweenMax】「onComplete」で引数を使う方法

    TweenMaxの「onComplete」で引数を使いたい場合って…

  5. offset_style_data.jpg

    JavaScript

    「offset」と「style」で取得する値が違う

    ちょっとはまったのでメモ。以下のように「offset」と「sty…

  6. js_comment.jpg

    JavaScript

    JavaScriptでコメントは「/* */」をなるべく使わないようにしたい

    コメントには囲った部分をすべてコメントにする「/* */」と、1…

アーカイブ

  1. スクリーンショット 2012-03-25 23.21.13

    LEGO

    レゴ・ジャパン史上最大のイベントで白いレゴにうっとりしてきた
  2. 日常

    『日本語のデザイン』に学ぶ
  3. おしゃれ葉巻「KOPI」の限定版を買ってみた

    ライフスタイル

    おしゃれ葉巻「KOPI」の限定版を買ってみた
  4. 日常

    いちにちがかり
  5. 日常

    マンションのショールーム用映像撮影
PAGE TOP