JavaScript

WebアプリのデバッグをChromeでやるために「touch events」を有効化する方法

chrome_touchevents

Webアプリのデバッグは「Chrome」をいつも使ってます。
そのときにやっておく設定が「touch events」の有効化。

設定はカンタンですが、メモしておきます。

  1. デベロッパーツール起動
  2. デバッグするときと同じように起動。
    chrome_touchevents

  3. 右下のギア・アイコンをクリック
  4. 設定項目へ。
    chrome_touchevents

  5. 設定タブで「Overrides」を選択
  6. chrome_touchevents

  7. 「Emulate touch events」をチェック
  8. これでブラウザでWebアプリ用にコーディングしたタッチイベントがクリックで起動するようになります。

  9. デベロッパーツールを再起動
  10. 再起動を忘れるとうまく動作しないことがあるようです。
    お忘れなく。

Chromeをアップデートしたりするとこの設定が外れてしまうことがあるので、今までタッチイベントが効いていたのにおかしいなと思ったらココの設定をチェックしてみることをオススメします。

関連記事

  1. getElementById

    JavaScript

    JavaScript内で、HTMLのIDを直接指定したらダメ

    Webアプリをデザインしていて、JavaScriptの記述について…

  2. canvas.jpg

    JavaScript

    WebアプリでCanvasを使うための指定方法

    Webアプリをデザインするときのお決まりになりつつあるHTML5の…

  3. tweenmax_js_totation.jpg

    JavaScript

    【TweenMax.js】回転アニメーションも楽々!

    以前も記事に書いたアニメーション用のJavaScriptライブラリ…

  4. fb022d1ac056d555673c17937de7f431.png

    JavaScript

    強力なアニメーション用のJavaScriptライブラリー「TweenMax.js」が便利!

    jQueryでもアニメーションはできるのですが、それよりも表現力豊…

  5. css_sprite.jpg
  6. style_backgroundImage.jpg

    JavaScript

    背景画像をJavaScriptで入れ替える2種類の方法

    ものごとには「正解」というものがひとつではない、ってことが多いもん…

アーカイブ

  1. freitag_f41_hawaii_five_0-1.jpg

    プロダクト

    【F】マイ・ファースト・フライターグ「F41 HAWAII FIVE-0」
  2. 日常

    ぜいたく
  3. 日常

    『眼の冒険』
  4. 日常

    七夕後
  5. 留学

    英語を基本からおさらい
PAGE TOP