iOS

Xcode5でステータスバーを非表示にする方法

xcode5_status_bar_appearance

Xcode5になってからステータスバーの表示・非表示方法も変わってるんですね! まったくめんどーなことです。
しょうがないのでググって非表示にする方法を見つけたのでメモっておきます。難しくないのがせめてもの救いですね。

Xcode5でステータスバーを非表示にする方法

  1. プロジェクトの「Properties」を追加
  2. 以下のようにプロジェクトの「Info」を開きましょう。
    xcode5_status_bar_appearance

  3. どこでもいいので「+」をクリック
  4. たぶんはじめはKeyがないので追加しましょう。
    どこでもいいので選択して「+」をクリックし、リストから以下を見つけて追加。

    「View controller-based status bar appearance」

    xcode5_status_bar_appearance

  5. 設定は「NO」に!
  6. ここの設定は「NO」ですよ!
    お間違えなく!
    xcode5_status_bar_appearance

  7. コードを追加
  8. 初期化部分に以下を追加しておきましょうか。
    ステータスバーが表示されてたら非表示にするってことですね。

    1
    2
    3
    
    if( [ UIApplication sharedApplication ].isStatusBarHidden == NO ) {
            [ UIApplication sharedApplication ].statusBarHidden = YES;
    }

これでステータスバーは表示されなくなるはずです。
iOSのバージョンが新しくなってXcodeも新しくなると、こうした細かい部分も変わっていくのはしょうがないのでしょうね。使いやすくなっていくことを期待します。

以下のサイトを参考にさせていただきました。

関連記事

  1. 20120709185011

    iOS

    デバッグのために「NSLog」でログをはきだす

    デバッグの時に必要になります。カンタンなコードですが、とても大切です…

  2. instance.jpg

    iOS

    きほんのき、iOSプログラミングでの変数宣言

    iOSに少しずつ手を出している日々ですが、やらないと忘れてしまうの…

  3. uiwebview-1.jpg

    iOS

    UIWebViewにコンテンツを表示させる

    3ステップで指定のURLを表示できますね。これは便利だな。…

  4. define.jpg

    iOS

    Objective-Cで、マクロで定数を定義する

    ちょこちょこ使いますね〜、これ。定数で書いておけばあとで調整もら…

  5. version_build.jpg

    iOS

    「Distribute」ででたエラー「This bundle is invalid.」を回避する方法…

    先日iPhoneアプリをアップデートしたときにでたエラーを解決した…

  6. 20130424235447.jpg

    iOS

    iOSアプリ開発に必須の「Provisioning Profile」を取得する!

    iPhone開発で必要な「Provisioning Profile…

最近の記事

  1. 便利すぎる!買ってよかったキッチンツール「キッチンペーパーハンガー」
  2. ジムで活躍!プロテイン用のボトルにおすすめ!「nalgene(ナルゲン)の沖倉商店コラボ・ボトル」
  3. コミックのイラストが新鮮だった!『MARVEL展』
  4. ジム用に購入♪ リバーサル・オッシュマンズ別注「ドライスウェットショーツ」
  5. 暮しの手帖社とのコラボ作品!大きい面積が使いやすい!「日東紡の新しいふきん」

アーカイブ

  1. 日常

    ハイ・テンション
  2. 日常

    鏡面仕上げ商品の撮影
  3. 初めて野球観戦に行ってきました!マイペースに楽しめていいね♪@東京ドーム

    イベント

    初めて野球観戦に行ってきました!マイペースに楽しめていいね♪@東京ドーム
  4. 「平成15年度 フォトグランプリ全国公募」入選!

    写真

    「平成15年度 フォトグランプリ全国公募」入選!
  5. iphone_lost10

    日常

    iPhoneを無くしたときにしたこととその教訓
PAGE TOP