iOS

iOSアプリ開発に必須の「Provisioning Profile」を取得する!

provisioning_profile
iPhone開発で必要な「Provisioning Profile」を取得する方法をメモ。
めんどーだわ〜。

1回目はけっこう気合い必要です。忍耐とかも。

開発用Macの証明書を取得

  1. キーチェーンアクセスを起動
  2. Provisioning profiles01

  3. 証明書を書き出す
  4. キーチェーンアクセスから「証明書アシスタント」の「認証局に証明書を要求」を選択します。
    Provisioning profiles02

  5. 情報を入力
  6. 「ディスクに保存」を選択します。
    Provisioning profiles03

  7. 証明書を保存
  8. 名前はデフォルトでいいと思います。
    これで証明書を手に入れました。
    Provisioning profiles04

開発用Macの登録

  1. 「Provisioning Portal」を開く
  2. 「iOS Provisioning Portal」で「Certificates」を選択します。
    Provisioning profiles08

  3. 「Request Certificate」を選択
  4. 「Development」タブの「Request Certificate」ボタンをクリック。
    Provisioning profiles09

  5. Macの証明書をアップロード
  6. 「ファイルを選択」ボタンから、さきほど書き出したMacの証明書をアップロードします。
    Provisioning profiles10

  7. 「Certificate」ゲット!
  8. 「Your Certificate」に登録されるので「ダウンロード」ボタンからファイルをダウンロードしておきます。
    Provisioning profiles14

デザイス固有の識別子をコピー

  1. ザイス固有の識別子(UDID)を表示させる
  2. 使うのはシリアル番号ではありません!
    Current Registered Devices 1

  3. 表示が変わる
  4. Current Registered Devices 2

  5. 識別子をコピー
  6. コンテキストメニューでコピーできますよ。
    「iOS Provisioning Portal」で実機の登録時に使います。
    Current Registered Devices 3

「Provisioning Profile」に実機を追加

  1. 「Devices」を選択
  2. Current Registered Devices 4

  3. 「Add Devices」を選択
  4. 「Devices」項目の「Manage」タブの右上にあります。
    Current Registered Devices 5

  5. 識別子(UDID)をペースト
  6. 「Device Name」は適当につけて、先ほどコピーした識別子(UDID)を右の欄にペーストしましょう。
    Current Registered Devices 6

  7. 必要な実機分を追加
  8. 実機検証に必要な数だけデバイスごとに登録していきます。
    Current Registered Devices 7

「App ID」の設定

  1. App IDの追加
  2. 「App IDs」項目の「Manage」タブの右上に「New App ID」ボタンをクリックします。
    Provisioning profiles15

  3. 項目を入力
  4. 例が書いてありますので、それに従って入力していきましょう。
    入力したら「Submit」押します。

    • 「Description」
    • App IDの説明。任意でわかりやすいヤツをつけましょう。

    • 「Bundle Seed ID」
    • 複数のIDを作っているときに選択できるようになるそうな。

    • 「Bundle Identifier」
    • オリジナルキーの設定です。ルールが決められているみたい。
      「com.domainname.appname」とか。

    Provisioning profiles16

「Provisioning」の設定

  1. Profileを追加
  2. 「Provisioning」項目の「Development」タブの右上にある「New Profile」ボタンをクリックします。
    Provisioning profiles17

  3. 必要な項目をうめる
  4. これまでに設定してきた「App ID」とか「Devices」を設定しましょう。
    Provisioning profiles18

  5. 「Provisioning Profile」ゲットだぜ!
  6. 上記の設定を完了させると「Provisioning Profile」ができます。こいつの「Download」ボタンをクリックしてファイルをダウンロードしておきましょう。
    Provisioning profiles19

はい、今までに手に入れてきた証明書2つをダブルクリックしてインストールして登録完了です。なんとも面倒ですね〜。
Provisioning profiles20

▼私が開発した振ってフィルターをかけるトイカメラアプリ

ふるポラ 1.0(無料)App
カテゴリ: 写真/ビデオ
販売元: daisuke okubo – daisuke okubo(サイズ: 4.3 MB)
全てのバージョンの評価: (6件の評価)

関連記事

  1. instance.jpg

    iOS

    きほんのき、iOSプログラミングでの変数宣言

    iOSに少しずつ手を出している日々ですが、やらないと忘れてしまうの…

  2. version_build.jpg

    iOS

    「Distribute」ででたエラー「This bundle is invalid.」を回避する方法…

    先日iPhoneアプリをアップデートしたときにでたエラーを解決した…

  3. organizaer

    iOS

    iPhoneApp申請方法4:アプリのアップロード

    iPhoneApp申請方法1:準備と証明書をゲット | デザインとレゴ…

  4. define.jpg

    iOS

    Objective-Cで、マクロで定数を定義する

    ちょこちょこ使いますね〜、これ。定数で書いておけばあとで調整もら…

  5. reject

    iOS

    iPhoneApp申請→reject

    ついに恐れていたことが起こってしまいました!iPhoneAppの審…

  6. uiwebview-1.jpg

    iOS

    UIWebViewにコンテンツを表示させる

    3ステップで指定のURLを表示できますね。これは便利だな。…

アーカイブ

  1. marsedit_fullsize_image0-2.jpg

    MarsEdit

    【MarsEdit】LightBox風プラグインで大きなサイズの画像を表示する方…
  2. 日常

    バリ最終日
  3. 日常

    意外とこぢんまり
  4. quickle_handy-1.jpg

    プロダクト

    ウェーブ ハンディワイパーから全面を掃除に使える「クイックルワイパー ハンディ」…
  5. disable-revisions-and-autosave

    WordPress

    WordPress導入時にまっさきに入れたいプラグイン『Disable Revi…
PAGE TOP