iOS

UIWebViewにコンテンツを表示させる

Uiwebview 1

3ステップで指定のURLを表示できますね。
これは便利だな。

1
2
3
NSURL *url = [NSURL URLWithString:@"http://www.hoge.co.jp/"];
NSURLRequest *request = [NSURLRequest requestWithURL:url];
[self.webView loadRequest:request];
  1. NSURLのクラスメソッド「URLWithString」を使ってURLの文字列からNSURLクラスのインスタンスを作成し、「url」変数に入れる。
  2. そのurlをもとにNSURLRequestクラスのクラスメソッド「requestWithURL」インスタンスを生成し、「request」変数に入れる。
  3. UIWebViewのインスタンスメソッド「loadRequest」に渡すことによってwebViewにページが表示される。

▼基本を学べます

関連記事

  1. 20120709185011

    iOS

    デバッグのために「NSLog」でログをはきだす

    デバッグの時に必要になります。カンタンなコードですが、とても大切です…

  2. support_orientations.jpg

    iOS

    iOSデバイスで画面の回転をサポートするコード

    iPhoneはいろいろと向きを変えられるところも特徴ですね。とい…

  3. 20130721170716.jpg

    iOS

    Xcodeでファイルのリンクが外れたときの対処方法

    Xcodeを使っていて、プロジェクトに登録してあるファイルを整理し…

  4. compile_sources.jpg

    iOS

    外部からインポートしたクラスはコンパイル設定が必要かもしれない

    実機でテストしようとしたらこんなエラーがでました。「Unkno…

  5. Localizations.jpg

    iOS

    Xcodeでアプリ名を多言語に対応させる方法(ローカライズ)

    iPhoneアプリを日本のマーケットだけでリリースするのはもったい…

  6. statusbarhidden1.png

    iOS

    じゃまなステータスバーは消してしまえ!

    iPhoneアプリをデザインしていて忘れちゃいけないことなので、…

アーカイブ

  1. muji_holder-2.jpg

    無印良品

    【無印良品】ポイントカード整理用のシンプルなカードホルダー
  2. 日常

    『下流社会』
  3. 日常

    Dell、やるじゃん
  4. mysoftbank_mail_block0-1.jpg

    iPhone

    iPhoneのメールにくる迷惑メールをブロックする方法
  5. f_tokyo_guide_00-1.jpg

    プロダクト

    【F-TOKYO-00】フライターグのスタンプラリー「F-TOKYO GUIDE…
PAGE TOP