テーブルウェア

自分のイニシャルはどんなデザイン? ファイヤーキング × ビームスの「アルファベット・マグ」

FireKing BEAMS ALPHABETMUG 1

インテリア好きにはおなじみの「ファイヤーキング」にビームスとのコラボ・モデルがでています。

この「アルファベット・マグ」は最新コラボ・モデルですね。

アルファベット1文字というシンプルデザインがたまらん!
しかも全アルファベットが用意されていて、
それぞれのフォントが違うんです。

現在予約受付中なので、
「これは!!!」
と思った人は即予約で!

アルファベットの反対側にはビームスのロゴが入ってます。
ビンテージ感たっぷりなデザイン♪

FireKing BEAMS ALPHABETMUG 2

私の名前のアルファベット「D」。
なんか音符みたいで楽しいデザイン♪

もちろん予約注文済み!

FireKing BEAMS ALPHABETMUG 3

「F」はビンテージっぽいですね。
スヌーピーっぽく感じます。

FireKing BEAMS ALPHABETMUG 4

「O」です。
文字じゃなくて記号の「○」っぽい^^

シンプル。

FireKing BEAMS ALPHABETMUG 5

「L」はエレガントですね。

かっこいいです。

FireKing BEAMS ALPHABETMUG 6

「S」はユニークなカタチをしてますな。

やわらかい感じが「F」と似ていますかね。

FireKing BEAMS ALPHABETMUG 7

「X」はどこかでみたな〜、って思ったら
シャネルがこんな感じでしたっけ。

まあちょっと違いますが、
シャネル似な「X」と見るか、数学の「x」と見るか、
お好きなように。

私は数学の「x」に見えたので、
ちょっと知的な感じします。

FireKing BEAMS ALPHABETMUG 8

ファイヤーキングについては、ファイヤーキング・ジャパンのサイトをどうぞ。
ビンテージの食器として未だに人気なアメリカ生まれのマグカップ、というのが一般的な認識でしょうか。マグカップの他にもお皿とかもあるんですが、マグカップのイメージが強いかと思います。

以下のようにヤフオクでも盛んに取引されてますね。

自分の名前のアルファベットだけでも
確保しておくといいのではないでしょうか。

ちょっと高めではありますが、
長く愛用できると思いますよ。

プレゼントにもいいですね♪

とりあえず
自分のイニシャルはどんなデザインか
探してみてはいかが?

関連記事

  1. ミスドのフィッシュズエディ・コラボが見逃せない!

    テーブルウェア

    ミスドのフィッシュズエディ・コラボが見逃せない!

    ミスドコラボの「フィッシュズエディ オリジナルマグ」がいい感じです…

  2. スタバの「フローズンドリンクメーカー」を買ってみた♪

    テーブルウェア

    スタバの「フローズンドリンクメーカー」を買ってみた♪

    5/13に発売したスターバックスの「フローズンドリンクメーカー」の…

  3. fireking_beams_alphabetmug_d-9.jpg
  4. そうだ、野菜とろう。ジャーサラダの作り置き用にメイソンジャーを買った!

    テーブルウェア

    そうだ、野菜とろう。ジャーサラダの作り置き用にメイソンジャーを買った!

    ジャーサラダってのが流行って数年経ちましたが、野菜をとるためにはコレか…

  5. コンバースのホワイトアトリエとコラボしたFire-Kingのスタッキングマグがカッコイイ!

    テーブルウェア

    コンバースのホワイトアトリエとコラボしたFire-Kingのスタッキングマグがカッコイイ!

    先日行ってきたコンバースのホワイトアトリエとファイヤーキングがコラボし…

  6. ミスドのフィッシュズエディコラボ第2弾のオリジナルプレートもいい!

    テーブルウェア

    ミスドのフィッシュズエディコラボ第2弾のオリジナルプレートもいい!

    ミスドのフィッシュズエディコラボの2つめもいい感じです。マグカップに続…

アーカイブ

  1. Parallels Internet Security

    ソフトウェア

    Parallels Desktop5【Parallels Internet Se…
  2. 日常

    『和力』
  3. 日常

    台風の中で
  4. dars_ganache-1.jpg

    グルメ

    ブラックパッケージがおしゃれ! 期間限定のダース[ガナッシュ]
  5. d_design_travel_tokyo-1.jpg

    展覧会

    東京を旅したくなる「d design travel TOKYO展」
PAGE TOP