プロダクト

寝正月にぴったりなごろ寝アイテム「スランケット」

袖付きブランケットで有名な「Slanket」を買ってしまいました♪ 雑誌とかテレビとかで取り上げられているのでご存じのかたも多いのではないでしょうか。

まわりで使っている人もいて評判もいいので手に入れました。
これでエアコンの電気代も節約できそうです♪

使い方は以下のような感じです。
全身くるまればオッケー。

Slanket 2 2

けっこう大きめなパッケージでした。
パッケージの感じがアメリカンですね。
ちょっと昔の通販っぽいうさんくささも漂ってますが、それはたぶん気のせいでしょう(笑)

Slanket 1

袖がついています。
ここに腕を通すのですね。

Slanket 3

パーカーみたいなポケットというか、ハンドウォーマー的なものが付いてます。腹のあたりですね。

Slanket 4

足を入れる袋も付いてますよ〜。

Slanket 5

足袋にスランケット全体をグイグイ入れると、
クッションのようになります。

Slanket 11

フカフカで触り心地いいです!
いつでも眠りに落ちることが出来る仕様!
素材は、ポリエステル100%で、ネット仕えば洗濯機使用可能ってあたりも実用的だわ。

Slanket 7

そもそもこのスランケットは、大学生の思いつきから生まれた商品だそうです。「寒くてブランケットから手を出したくない」という怠け者根性から試作を作り、今や世界的に売れているのですから何がきっかけでヒットになるかわからないので怠け者根性も大切にしないとですね。

Slanket 6

開発秘話&メッセージがありましたので以下に貼っておきます。
日本語字幕付き。

買うなら静電気防止加工済みのヤツがおすすめ。
選べるデザインがちょっと少ないところが残念。

Slanket 8

秋とか冬は着て、
夏は掛け布団とかに利用できそうだな〜って思いました。
長い付き合いになりそうな予感のするプロダクトです。

もう動きたくなくなってタイヘンかもしれない!

Slanket 10

費用対効果抜群のポイント

  1. 一年中使える
  2. 家で洗える
  3. 全身すっぽり入るから保温性抜群
12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
スランケットジャパンオフィシャルサイトです。スランケットは特大フリースの袖付きブランケットです。世界34カ国でついに267万枚を突破! 世界中で愛されている「スランケット」。今年は大好評のデラックススランケットをさらにバージョンアップした「Newデラックススランケット」も販売開始!

関連記事

  1. FREITAG_F33_BONANZA-1.jpg

    プロダクト

    【F】モノトーン・ボナンザを手にれた♪「FREITAG F33 BONANZA」

    使い込んでかなり味がしみこんだ感じの「FREITAG F33 BO…

  2. pocarisweat_bottle-1.jpg

    プロダクト

    風邪を引いたときの水分補給にも使える「ポカリスエット スクイズボトル」

    じつはスポーツ用ではなく、銭湯に持っていくために買いました。日頃…

  3. 早く知りたかった!シャツをまとめて干せるハンガーが便利!

    プロダクト

    早く知りたかった!シャツをまとめて干せるハンガーが便利!「機能いっぱい8連ハンガー」

    一人暮らしを始めて長くなりますが、常にシャツを干すのって場所も取るした…

  4. hotshot_jr01

    プロダクト

    静岡ホビーショー開催を記念して(?)限定復刻版『ホットショットJr.』を晒します

    第51回静岡ホビーショーが開催されてますね。一般公開はこの週末5/…

  5. Moleskine Lego

    プロダクト

    究極のコラボ文具「Moleskine × Lego」

    ついにでたか!!日ごろからモレスキンの手帳を愛用しているモレス…

  6. FullMoonOdyssey4

    プロダクト

    月の上で眠りたい人必見! 満月型クッションマットで部屋を宇宙に

    満月が好きです。ついつい見上げちゃうんですよね〜。そんな満月…

アーカイブ

  1. はやぶさ

    映画

    20世紀フォックス「はやぶさ」を観た
  2. 日常

    あき?
  3. ProjectionMapping_AttackonTitan-12.jpg

    アート

    うおお!ってなった「進撃の巨人」プロジェクションマッピング
  4. itunes_card_camera-1.jpg

    Apple

    「iTunes Card」をカメラで読み込ませてみた。予想以上に高速でチャージで…
  5. 日常

    「宮田識氏講演会」
PAGE TOP