日常

JAPANブランド・エキシビジョン

JB

東京デザインセンターで行われた「JAPAN BRAND」の展示会。
地域に根付く伝統的な技術や素材を活かして、世界に通用するブランドの確立を目指すといった主旨だ。
個人的にもこうした動きはかなり大事でこれからもっと注目していいものだと思っている。大企業ではこういった動きは無理なので、やはり地域の中小企業ならではのものになっていくのだろう。もともと、こうした伝統的なものは大量生産に
向いていないだろうし。
そこでデザインの力は大きな意味をもってくる。
日本の伝統技術や素材を紹介するだけではなく、一貫したテーマのもとにデザインされたモノで訴えかけなければ、眼の肥えた日本の消費者には見向きもされないに違いない。「ああ、こういうこともできるのか、スゴイ」だけで終わってしまうキケンもある。
良い例として、会津塗とデザイナー塚本カナエのコラボレーションでうまれた「BITOWA(ビトワ)」ブランドがある。
伝統美を引き出すデザインは「ホテルライクで上質な生活の提案」というコンセプトで発信されていた。
やるならば、ここまで練り込んだものでなければならないだろうな。
他にも全国の7割の香を生産する淡路島が送り出す香のブランド「あわじ島の香司」。京都の伝統美を活かした「KYOTO PREMIUM」。ダクタイル鋳鉄法で厚さ2mm以下なのに丈夫な鋳物を実現させた「KAWAGUCHI i-mono」。フェラーリのデザイナーとして有名な奥山清行をデザイナーとしてむかえ、山形の伝統工芸とコレボレーションした「山形工房」。ここが送り出したプロダクト「ティーポットMAYU」なんかはかなりほしい。佇まいがなんともキレイだった。お酒のためのデリを提案する「酒楽創菜」は大分の食材・ハーブなどを使ったその世界観を提案するということでおもしろい試みだとおもった。パッケージデザインもよくできており落ち着いた伝統的でアダルトな雰囲気が伝わってくる。
こうした試みは、かなり好きなほう。
ただ、どうやって広めていくのかが大切なんだろう。いくらいいものであっても知ってもらわないことには浸透していかない。
どういうコンテキストで発信していくのか、今回のような展示会もいいけど、なにか他にも必要だろう。
せっかくの日本文化、どうやって伝えていくのか。
課題は残る。

関連記事

  1. 日常

    雨上がりの写真撮影

    梅雨らしい天気がうれしい。この雨があがったあとというのは、いい写…

  2. 日常

    『普通のデザイン』

    内田繁デザイン論の新刊、これは読むしかない。内田繁のデザイン論は…

  3. 日常

    今年の仕事はここまで

    仕事おさめ。もう今年は、やることなし。今のうちにデータ整理とバック…

  4. 日常

    「ニッポンのデザイナー展」ギャラリートーク2

    「ニッポンのデザイナー展」のイベントシリーズ、ギャラリートークの2…

  5. 日常

    「London eye」AND「Tate Modern」

    EXCURSION。今回は「London eye」+「Tate Mod…

  6. 日常

    まっったり

    いい天気だったなあー。納品ついでに公園によって、コーヒー片手に一服し…

最近の記事

  1. 便利すぎる!買ってよかったキッチンツール「キッチンペーパーハンガー」
  2. ジムで活躍!プロテイン用のボトルにおすすめ!「nalgene(ナルゲン)の沖倉商店コラボ・ボトル」
  3. コミックのイラストが新鮮だった!『MARVEL展』
  4. ジム用に購入♪ リバーサル・オッシュマンズ別注「ドライスウェットショーツ」
  5. 暮しの手帖社とのコラボ作品!大きい面積が使いやすい!「日東紡の新しいふきん」

アーカイブ

  1. xcode_arc.jpg

    iOS

    XcodeでARCではないプロジェクトをARC仕様に変換する方法
  2. 20120530171922

    ブログ

    消えちゃったブログを復旧するためにやることを整理してみる
  3. 日常

    Tシャツのデザイン
  4. 留学

    気になる本
  5. 日常

    拡張現実のセカイ
PAGE TOP