日常

見えてきた!

よし、納品までの時間との折り合いで、どこまでクオリティを上げられるかがだいたい見えてきた。
予想通りにしっかりと情報を伝えることがメインとなる編集でいくことになる。つまり具象的なシーン構成で組んでいくということだ。
抽象的なシーンでイメージ重視な映像は、ビジュアル的にみればカッコイイが「だから?」という反応も多くなるのは、どうしてもさけられない。
これは絵画の伝統を見渡してみても明らかだ。どうにかして抽象的映像でもメッセージを伝えられるように日頃からいろいろな手は考えているのだが、まだまだうまくいかない。
さあ、明日はがんがんツメていこう。

関連記事

  1. 日常

    バリ5日目

    朝から、イベントが続くこの日。日程では、今日で一通りのイベントが…

  2. 日常

    まだ進まない

    なかなか映像の方向性が決まらないらしく、編集を進められない状況。…

  3. 日常

    夏は夕方がいい

    昨日、仕事初日から仮納品のためのブツ創りだった。仮とはいえ納品…

  4. 日常

    新聞

    ライブドア・ショックから最近にかけて、ニュースが気になるから駅で日…

  5. 日常

    アーティスト撮影

    会社のギャラリーで展示をしているアーティストのクロージング・パーティー…

  6. 日常

    撮影終了

    思っていたよりも早く終わった。順調、順調。これなら次の撮影も問題な…

アーカイブ

  1. version_build.jpg

    iOS

    「Distribute」ででたエラー「This bundle is invali…
  2. 日常

    また東京で
  3. 日常

    「技術」と「表現」
  4. hayabusa_book1-1.jpg

    読書

    『はやぶさ、そうまでして君は』から読み取る「夢を実現させるための5つの考え方」
  5. 【UNIQLO】コスパ最高なニットキャップ!

    ファッション

    【UNIQLO】コスパ最高なニットキャップ!
PAGE TOP