日常

色を味方に

構成要素として色はとても強いと改めて思う。
点・線・面で焦点を創ったとしても、色で創った焦点にはかなわない。強調する手段として色はとても強力なものだ。
そこで、配色の基本を再度おさえておこうと考えた。単色でその色がもつ性格をそれぞれ学ぶのではなく、いくつかの色の組み合わせで学んでいく。
この本はインデックスがよくできていて、後に参照しやすいようになっている。それぞれの項目が見開きで扱われている点もよい。コンピュータで色を扱う際に必要なCMYK/RGBの値も数値化されているので助かる。
使い勝手の良い本だ。
色は、あるルールの下に人の感情を動かす。
色の印象は、用いる人の文化・経験・環境などの要因で変わってくる。
当然のことだが、ルールを意識して色を組み立てていくのと感性だけに頼って組み立てていくのでは、デザインの説得力が全然違ってくる。
これまで以上に、
制作過程では常に色彩計画を意識することが必要だ。

関連記事

  1. 日常

    POWER-SONG

    いまさらだけどMISIAにはまった。披露宴で流れて、やられた、…

  2. 日常

    気晴らしゲーム

    ウィザードリィにまた、ハマった。勉強や仕事の合間の気晴らしにと…

  3. 日常

    『デザイン基礎講座レイアウト&タイポグラフィ』

    作品・例題解説や特定のレイアウト分析だけという似たり寄ったりの類…

  4. 日常

    バックパック

    かっこいいバックパックがほしい。ふくらんでダラリと背中に垂れ下が…

  5. 日常

    それぞれのデザイン

    エスクァイア7月号がグラフィックデザイナーの特集を組んでいた。「…

  6. 日常

    上流で

    映像に関しては、上のほうで動くのが多くなってきた。実制作ではなく…

アーカイブ

  1. 日常

    英語の思考回路
  2. bttf.jpg

    LEGO

    LEGO CUUSOO第4弾「デロリアン」のプロダクトモデルがちらり!
  3. 日常

    これがオーディションかあ
  4. 日常

    立ち会い
  5. 日常

    再会の仕事
PAGE TOP