日常

映像アーティストのトークショー撮影

会社のアートイベントを撮影。
映像アーティストのトークショーだった。
経歴はなかなか面白い。
絵画から始まって、パフォーマンス・アートから映像に至ったという。
絵画はある意味で「結果」を楽しむもの。
だがそのプロセスを観てもらいたい、と思ったらどうするか。
それが路上パフォーマンスという解答だった。
だが、パフォーマンスであるがゆえに作家自身に注目がいく。本当なら作品そのもの線を描く軌跡を観てほしいのに。
そこで、映像だ。
これなら見せたいものを自由に見せることができる。
この思考プロセスも独特だ。
映像のジャンルはざっくり分類するとアニメーション。
絵画を始原としているのであくまでもドローイングが中心だ。
実際に観てみるとCGなどにはないアナログ感がよかった。
作品の制作は、ひたすらドローイングをコマ撮り。
ものすごい精神力と時間を必要とするのは想像できる。
今の時代にかなりとんがったしっかりとした考えを聞けた。
いい刺激。

関連記事

  1. 日常

    Tension

    WebTV編集に手をつけた。すでに撮影された映像を15分くらいの…

  2. 日常

    両替と梱包材

    円をポンドにしてきた。「円→ポンド」と「ポンド→円」の換金率の違いが…

  3. 日常

    DTP BOOSTER vol.2

    土曜日、銀座のアップルストアで開催された無料のセミナー。その名の通り…

  4. 日常

    また早朝

    また、早朝出勤。6:00には会社にいた。例のナレーションを読ん…

  5. 【コラージュ日記1】地下鉄

    日常

    【コラージュ日記1】地下鉄

    地下鉄の乗り換え、1回地上に出ないとホームを変えられない駅があった。…

  6. 日常

    『DESINING DESIGN』

    前著『デザインのデザイン』をもとに英語版の作品集を兼ねた書籍があ…

アーカイブ

  1. 日常

    レイアウト
  2. google_addurl_error12.png

    サービス

    GoogleにURLを登録できなかった時の対処方法
  3. 日常

    ほとんど聞き取れない
  4. 日常

    フィルムの調達
  5. まってました。「スター・ウォーズ × ビックリマン」のエピソード1・2・3がきた♪

    コレクション

    まってました。「スター・ウォーズ × ビックリマン」のエピソード1・2・3がきた…
PAGE TOP