日常

寂菖蒲

寂菖蒲

久しぶりに写真撮影。
近所の公園に咲く花菖蒲を撮りに行った。見頃はもう終わっている。それでもまだ年配のカメラをかついだ人たちがちらほら。
この人たちに混ざってシャッターを切っていたわけだが、撮る視点はちょっとちがう。
実は、最盛期を終えた花を撮っている。
枯れ始めた花、と言った方がいいか。
タイトルの「寂菖蒲」とはこのことだ。ちなみに上の写真は去年のもの。
なぜ、わざわざ枯れ始めた花なのか。
それは日本文化にある「寂び」を写真で表現したかったからだ。サビは、すさんでいくもの「スサビ」からくる言葉。
花だって、キレイに咲いている時期だけが「花」ではない。咲く前はツボミだし、枯れゆく姿だって、また「花」だ。この「枯れゆく花」をもって「寂び」を表現してみたかった。
よくよく見ると、この枯れていく姿も美しい。
画角によっては、ものすごく生命力を感じる。それは最盛期の「花」にも勝るほどだ。
この美しさと生命力を写真で表現することに挑戦しているわけだ。
もうひとつ、考えていたことがある、
被写体の力を借りずに「美しい写真」を撮ることができるようにもなりたいと思っている。
被写体が美しければ、ある程度ちゃんと撮ればそれは「美しい写真」として成立するのは当然のことだ。
では、キレイな被写体に寄りかからない「美しい写真」を撮るにはどうすればいいのか。
こんな考えが頭のすみっこに住んでいる。これについては、またの機会に整理してみたい。
今度はちょっと早起きして撮影にいこう。
カメラおじさんが「美しい写真」を撮っている横で、寂びていく花をやたらと撮っている姿は、外からみたら変な人なんだろうなあ。
こっちにしてみれば、そんなありきたりな「美しい写真」は、
もうお腹いっぱいなんだ。

関連記事

  1. 日常

    ウィスキーでも

    なぜか思い立ってウィスキーを飲んでみた。ロックで。ビールよりも…

  2. 日常

    アートとデジタル

    Bunkamuraザ・ミュージアムで、2009年1月2日から開催される…

  3. 日常

    日本パッケージデザイン大賞決定

    「とらや」の東京ミッドタウン店のパッケージだそうだ。http://w…

  4. 日常

    血がたりない?

    人生初の「健康診断」というものを受けてきた。どうやら今年から会社でや…

  5. 日常

    無事に終了。でも・・・

    よ~し、終わった。今回のイベントというかシンポジウムの撮影は楽だ…

  6. 日常

    雨天走行

    昨日、自転車での帰り道、あと少しで自宅なのに雨に降られてしまった。台…

最近の記事

  1. 便利すぎる!買ってよかったキッチンツール「キッチンペーパーハンガー」
  2. ジムで活躍!プロテイン用のボトルにおすすめ!「nalgene(ナルゲン)の沖倉商店コラボ・ボトル」
  3. コミックのイラストが新鮮だった!『MARVEL展』
  4. ジム用に購入♪ リバーサル・オッシュマンズ別注「ドライスウェットショーツ」
  5. 暮しの手帖社とのコラボ作品!大きい面積が使いやすい!「日東紡の新しいふきん」

アーカイブ

  1. 日常

    チャリ退院
  2. 日常

    「廣村正彰トークショー」
  3. 日常

    普通の会社
  4. 日常

    ご飯会
  5. 日常

    今年の抱負2012
PAGE TOP