日常

寂菖蒲

寂菖蒲

久しぶりに写真撮影。
近所の公園に咲く花菖蒲を撮りに行った。見頃はもう終わっている。それでもまだ年配のカメラをかついだ人たちがちらほら。
この人たちに混ざってシャッターを切っていたわけだが、撮る視点はちょっとちがう。
実は、最盛期を終えた花を撮っている。
枯れ始めた花、と言った方がいいか。
タイトルの「寂菖蒲」とはこのことだ。ちなみに上の写真は去年のもの。
なぜ、わざわざ枯れ始めた花なのか。
それは日本文化にある「寂び」を写真で表現したかったからだ。サビは、すさんでいくもの「スサビ」からくる言葉。
花だって、キレイに咲いている時期だけが「花」ではない。咲く前はツボミだし、枯れゆく姿だって、また「花」だ。この「枯れゆく花」をもって「寂び」を表現してみたかった。
よくよく見ると、この枯れていく姿も美しい。
画角によっては、ものすごく生命力を感じる。それは最盛期の「花」にも勝るほどだ。
この美しさと生命力を写真で表現することに挑戦しているわけだ。
もうひとつ、考えていたことがある、
被写体の力を借りずに「美しい写真」を撮ることができるようにもなりたいと思っている。
被写体が美しければ、ある程度ちゃんと撮ればそれは「美しい写真」として成立するのは当然のことだ。
では、キレイな被写体に寄りかからない「美しい写真」を撮るにはどうすればいいのか。
こんな考えが頭のすみっこに住んでいる。これについては、またの機会に整理してみたい。
今度はちょっと早起きして撮影にいこう。
カメラおじさんが「美しい写真」を撮っている横で、寂びていく花をやたらと撮っている姿は、外からみたら変な人なんだろうなあ。
こっちにしてみれば、そんなありきたりな「美しい写真」は、
もうお腹いっぱいなんだ。

関連記事

  1. 日常

    おもしろくなりそうだ

    またチェック待ちー。またギリギリまで完パケできないのか、あー。…

  2. 日常

    「パウル・クレー展」

    前々からパウル・クレーの本がほしいと思いつつ古本で2万円以上という…

  3. 日常

    撮影終了

    思っていたよりも早く終わった。順調、順調。これなら次の撮影も問題な…

  4. 日常

    新年

    年末年始は実家へ。かなりゆっくりできたな。持っていった本3冊も読破。…

  5. 日常

    『graphic DESIGN cookbook』

    料理はデザインだ。食べたい物、人の好み、冷蔵庫の中身、食べる…

  6. 日常

    またぁ

    なかなか前回の仕事から抜け出せない。無事に納品したとおもったら、…

アーカイブ

  1. 個別ページ

    WordPress

    個別ページを1段組にした
  2. 日常

    またですか
  3. getElementById

    JavaScript

    JavaScript内で、HTMLのIDを直接指定したらダメ
  4. 日常

    新潟で
  5. 日常

    人生は一回きりってか
PAGE TOP