日常

デザインの根っこ

デザイン関係の本はかなりの数が出版されている。
ただ、書店で平積みされているものは技術よりのものが圧倒的に多い。例えば、Photoshop・Illustratorのオペレーション系。実用的な素材・サンプル集など。
なかなか「デザインの本質」にせまってくれるものをみかけないように思う。ぼくがまだまだ未熟でそこまで読み切れていないのかもしれない。そもそも需要が少ないのか・・・。
だけど、やっぱり基本的なことはちゃんと「書籍」という形でほしい。プロでもそれは同じだと思う。むしろプロだからこそ原点に立ち返ることは必要なのでは?とも考える。
それで、『視覚表現』を手にとった。著者は、南雲治嘉。
デザインに対する考え方から着想・制作段階での知識をおさえてある。
ベーシックを学ぶにはいい感じ。
著者のデザインに対する情熱も伝わってくる。

関連記事

  1. 日常

    ブライアン・イーノ「音楽映像インスタレーション展」

    映像と音楽のインスタレーション展が、ラフォーレミュージアム原宿であ…

  2. 日常

    最終ロケハン

    長かったなあ。今日で最後のロケハンが終わった。なかなかしっかり…

  3. 日常

    ジャパン・クール

    いまさら、なにを。という感じだったな。この言葉を聞いたときは。…

  4. 日常

    終電越え

    昨日の夜、久しぶりに仕事仲間で食事。アジアンダイニングバーとい…

  5. 日常

    年末、なの?

    ここにきて、やっと落ち着いてきた。やっぱり、生活空間にダンボール…

  6. 日常

    『ブランドらしさのつくり方』

    五感ブランディングを博報堂の視点から読み解いた本書。「らしさ」を創…

アーカイブ

  1. 手帳01

    プロダクト

    今年も愛用の手帳でいきます
  2. RSSフィード

    WordPress

    コメントフィードをつけた・・・だけ
  3. 【無印良品】普段使いにもぴったりなコンパクトサイズの「機内持込用ケース」

    無印良品

    【無印良品】普段使いにもぴったりなコンパクトサイズの「機内持込用ケース」
  4. 日常

    地元で
  5. 日常

    ようやく仕事?
PAGE TOP