日常

デザインの根っこ

デザイン関係の本はかなりの数が出版されている。
ただ、書店で平積みされているものは技術よりのものが圧倒的に多い。例えば、Photoshop・Illustratorのオペレーション系。実用的な素材・サンプル集など。
なかなか「デザインの本質」にせまってくれるものをみかけないように思う。ぼくがまだまだ未熟でそこまで読み切れていないのかもしれない。そもそも需要が少ないのか・・・。
だけど、やっぱり基本的なことはちゃんと「書籍」という形でほしい。プロでもそれは同じだと思う。むしろプロだからこそ原点に立ち返ることは必要なのでは?とも考える。
それで、『視覚表現』を手にとった。著者は、南雲治嘉。
デザインに対する考え方から着想・制作段階での知識をおさえてある。
ベーシックを学ぶにはいい感じ。
著者のデザインに対する情熱も伝わってくる。

関連記事

  1. 日常

    報酬はスイーツ!?

    2時間寝たあとさっさと会社へ。寝た気しねー。機材やなにやらを車…

  2. 日常

    連休モード終了

    ECC。先週は、GWのため授業はなかったからなにげに久々。連休真…

  3. 日常

    月一フットサル

    昨日は、いつもお世話になっているプロダクション・スタジオの方々とフット…

  4. 日常

    『Grid Systems』読了!

    ロンドンで買った本をようやく読み終わった。『Grid Sys…

  5. 日常

    「日本とドイツの美しい本2006」

    印刷博物館にて開催されている企画展。2007年11月11日に同博物館…

  6. 日常

    口語と文語のバランス

    試写、無事に終了。うれしいことに、元の映像の雰囲気を壊さずにテロッ…

アーカイブ

  1. 日常

    『書体を読む。』
  2. ここだけのラーメン雑炊は試してほしい!「奨(TASUKU)」

    グルメ

    ここだけのラーメン雑炊は試してほしい!「奨(TASUKU)」
  3. glass_tableware-1.jpg

    無印良品

    【無印良品】普段使いにぴったりなシンプル・デザインが気持ちいいグラス「ソーダグラ…
  4. 日常

    意外と若い!?
  5. 日常

    うっわー、ぶっこわれた
PAGE TOP