日常

デザインの根っこ

デザイン関係の本はかなりの数が出版されている。
ただ、書店で平積みされているものは技術よりのものが圧倒的に多い。例えば、Photoshop・Illustratorのオペレーション系。実用的な素材・サンプル集など。
なかなか「デザインの本質」にせまってくれるものをみかけないように思う。ぼくがまだまだ未熟でそこまで読み切れていないのかもしれない。そもそも需要が少ないのか・・・。
だけど、やっぱり基本的なことはちゃんと「書籍」という形でほしい。プロでもそれは同じだと思う。むしろプロだからこそ原点に立ち返ることは必要なのでは?とも考える。
それで、『視覚表現』を手にとった。著者は、南雲治嘉。
デザインに対する考え方から着想・制作段階での知識をおさえてある。
ベーシックを学ぶにはいい感じ。
著者のデザインに対する情熱も伝わってくる。

関連記事

  1. 日常

    おいこみ

    ちょっと忙しくなってきた。やっぱり年末はいろいろあるんだなあ。や…

  2. 日常

    あふれる本

    思わぬところで時間が空いちゃった。会社の都合で編集機が使えない!…

  3. 日常

    シンジュク

    NoとHi会った。この3人が日本でそろったのは初。新宿の駅前あ…

  4. 日常

    上か?

    見た目年齢と実年齢のはなし。最近、実年齢よりも上にみられることが…

  5. 日常

    英、はじめました。

    仕事に忙殺されて、前日まで忘れていたけど今日、英会話はじめまし…

  6. 日常

    まっったり

    いい天気だったなあー。納品ついでに公園によって、コーヒー片手に一服し…

アーカイブ

  1. about_debug-4.jpg

    JavaScript

    Android端末のデフォルト・ブラウザでJavaScriptのデバッグをする方…
  2. 日常

    「住民基本台帳カード」ゲット
  3. 日常

    高級カフェ
  4. offset_style.jpg

    JavaScript

    「offset」で取得した値を使い回す
  5. 「adidas RUNBASE」で皇居ランデビュー!

    ライフスタイル

    「adidas RUNBASE」で皇居ランデビュー!
PAGE TOP