日常

『生物から見た世界』

4cats

最近忙しくしていてなかなか読み切れなかった本を一気に読んだ。
ひさしぶりの科学書だなあ。
ところで、
身近なパートナーのイヌやネコの目にはどんな世界が写っているか気になったことが一度はあると思う。とくに、子供のころは動物ばかりではなく虫や魚にまで想像を巡らせた経験があるかもしれない。
そんな疑問をあつかった本だ。すこしアフォーダンス理論ににているかも知れないな。
ヒトの眼はある範囲の光しか受け取ることができない。
ヒトの耳もある範囲の音しか受け取ることができない。
どちらも受容できる波長の範囲は決まっている。そこから外れると赤外線・紫外線なり超音波なりとヒトには認識できないモノになる。
こうしたことからも、とうぜん生物を取り巻く環境は、認識の可否に関係なくいろんなモノであふれている。
そんな環境のなかから生物は、各自がもつ感覚器官をフィルターにして世界を切り取っていることになる。
ということは、ヒトもイヌもネコも虫も、環境を切り取る感覚器官が違うので同じ景色をみることはできない。極端にいってしまうと「生物の数だけ世界はある」ということになるのかな。
この本の著者はその世界を「環境世界」とよんだ。
おもしろいところを少し以下に抜き出すと、
「生物の環境世界は、その周囲に広がって見える環境の単なる一片に過ぎない」
「ある動物がなしうる行為の数だけ、その動物は自分の環境世界内において対象物を区別することができる」
「動物の行為の数が増すとともに、その環境世界を占める対象物の種類も増してゆく。その数は、経験の積み重ねが可能な動物ならば、その個体が生きてゆくのにつれて増加してゆく」
結論としてはこんな一文に集約されていた。
「いろいろな物が、広がることのできる空間と時間という二つの多様性が存在するばかりでなく、さらに、いろいろな物がつねに新しい形でくり返される環境世界という多様性がある」
夢中になって読めた一冊。
生物から見た世界

関連記事

  1. 日常

    成田空港満喫!?

    まだ、成田。・・・。朝7:00に着いたのにまだ空港の中にいる・・・…

  2. 日常

    コダクローム生産終了

    米コダックが、ポジフィルム「コダクローム」の生産を終了すると発表したそ…

  3. 日常

    『形とデザインを考える60章』

    著者は大学で「構成学」を扱っている。造形に共通する「形」を扱う専門…

  4. 日常

    3/30 帰国

    取材最終日、帰国は夕方になるから、それまでは自由時間だ。うまく風…

  5. 日常

    血がたりない?

    人生初の「健康診断」というものを受けてきた。どうやら今年から会社でや…

  6. 日常

    引越寸前

    実は、今、引越プロジェクトがかなりすすんでいるところ。いまのとこ…

最近の記事

  1. 便利すぎる!買ってよかったキッチンツール「キッチンペーパーハンガー」
  2. ジムで活躍!プロテイン用のボトルにおすすめ!「nalgene(ナルゲン)の沖倉商店コラボ・ボトル」
  3. コミックのイラストが新鮮だった!『MARVEL展』
  4. ジム用に購入♪ リバーサル・オッシュマンズ別注「ドライスウェットショーツ」
  5. 暮しの手帖社とのコラボ作品!大きい面積が使いやすい!「日東紡の新しいふきん」

アーカイブ

  1. 留学

    日本のデザインって?
  2. ディスカバリー

    LEGO

    「レゴ スペースシャトル ディスカバリー」落札!
  3. 日常

    裏舞台
  4. akatsuki_lecturemeeting

    講演会

    天文の夕べ・講演会「なぜそれでも金星に行くのか〜探査機あかつきの航海」
  5. 日常

    ヤバイ、スタジオ撮影
PAGE TOP