日常

『プランニング編集術』

情報を扱ううえでかかせない技術である「編集」をプランニングに持ち込んだ。もともとプランニングも情報を扱うものなので、大きく言ってしまえば「プランニング=編集」ともいえるだろう。
本書は編集の捉え方からはじまっている。一般的にいう「編集」とは違うので注意が必要だからだろう。編集というと雑誌や映像がすぐに思い浮かぶが、本書の編集はもっと領域が広い。情報が動くところに編集があるという考え方は、生きているということ自体が「編集された世界」の中で生きていることだという考えに行きつく。これはすんなり理解出来る人とそうでない人に分かれるだろうな。
ひとつの対象から「要素・機能・属性」という情報を読みとるエクササイズなどをはさみつつパージは進む。「情報のらしさ」「不足の発見」など、編集の基本技術を前半でおさえてから、実践的なプランニング編集術へ向かうので理解しやすい構成になっていると思う。
発想がマンネリ化しがちな人に対しても解決策を提示しているので、参考になる部分は多い。「サビ思考・カビ思考・ナレ思考」と分類され、解決策は「5つの編集思考素」という型が用意されている。以下のようなものだ。気になる人は一読をお勧めする。
1:一種合成
2:三間連結
3:二点分岐
4:三位一体
5:二軸四方
実践編では、言葉と図像のイメージを広げる方法、オーダーとルールを活用する方法、見立ての応用と充実している。
企画のバージョンアップ・フォーマットもある。
一般的な「企画書の作り方」本とはまったく違うアプローチなので、なかにはとまどう人もいるかもしれない。本書のほうが、情報の扱い方という本質部分から解説しているので、企画だけにはとどまらない情報編集技術が学べるだろう。
何回も読み直し、見返してでも獲得したい技術がつまっている。

関連記事

  1. 日常

    撮影

    先日インタビューを撮影したアーティストの作品を撮影しに「アナト…

  2. 日常

    Dell、やるじゃん

    もう情報として古いんだけど、こんなの見つけた。ムービーありhtt…

  3. 日常

    空想モノ

    土曜日、空想SCHOOLに参加してきた。ワークショップ形式でテーマは…

  4. 日常

    まず一息。

    ようやく一息いれることができた。仕事とコンペ作品2つを掛け持ちでまわ…

  5. 日常

    バリ1日目

    バリ初日は、夕方空港着。直行便で7時間ほどのフライト-時差はバ…

  6. 日常

    『佐藤可士和の超整理術』

    メディア側がなにかと注目しているデザイナーという印象が強かった著…

最近の記事

  1. 便利すぎる!買ってよかったキッチンツール「キッチンペーパーハンガー」
  2. ジムで活躍!プロテイン用のボトルにおすすめ!「nalgene(ナルゲン)の沖倉商店コラボ・ボトル」
  3. コミックのイラストが新鮮だった!『MARVEL展』
  4. ジム用に購入♪ リバーサル・オッシュマンズ別注「ドライスウェットショーツ」
  5. 暮しの手帖社とのコラボ作品!大きい面積が使いやすい!「日東紡の新しいふきん」

アーカイブ

  1. 日常

    Happy birthday, Na!
  2. IMG_2047

    LEGO

    LEGO STAR WARS 2011 ADVENT CALENDAR : Al…
  3. The_Three_Billy_Goats_Gruff-1.jpg

    読書

    【絵本】どのやぎが一番好き?『三びきのやぎのがらがらどん』
  4. 日常

    あけました。
  5. 20130424235447.jpg

    iOS

    iOSアプリ開発に必須の「Provisioning Profile」を取得する!…
PAGE TOP