日常

「NIPPON VISION」

「日本」というブランド意識を失いかけたものづくり日本企業と「ジャパンブランドの売り方のデザイン」の実践を手がけるD&DEPARTMENT PROJECTがしかける「NIPPON VISION」。
日本中にちらばる伝統工芸のすばらしさはいまさらいうまでもないけど、その「売り方」と「デザイン」には疑問を感じていた。売っている場所はごく限られているし、値段も高い。デザインも現代の生活にそっていなかったりする。これでは、せっかくの技術がもったいない。特に日本の美術品は多くが「道具」であるという事実を考えても、現在の日本のプロダクトデザインはあくまで「伝統工芸品」という域をこえていないのではないか。もっと生活者に寄り添って、日本の伝統的なデザインスタイルを応用し、その技術力をもってつくり出されるものを見たい。
そこで今回の「NIPPON VISION」というプロジェクトの展示会があるというので行って来た。47都道府県それぞれの地場産業からセレクトされた商品が並べられている。個人的には、まだまだ生活者に寄り添ったデザインではないと思ったけど、これからのプロジェクトが楽しみになった。展示会にもけっこうな人が訪れている。年齢層は若干上だけど、学生らしき人なんかもいるし幅広い。とくにおじさんおばさん夫婦は興味しんしんで楽しんでいた。
自分自身も分野は違えど、同じような意識を持っているから共感できる部分がかなりあった。プロダクトに対してではなく、グラフィックの部分で「日本」の可能性を信じているからだ。
手探りでもいい、こうして実践し続けることが大切なのだろう。
勇気をもらえる、いいプロジェクト。これからがかなり楽しみ。

関連記事

  1. 日常

    『War of the worlds(宇宙戦争)』

    午前中のみで、午後からはフリーだ。授業は、引き続き「Collogra…

  2. 日常

    パッキングがぁ

    パッキングできてねーなー。もうすぐ発つというのに、しかも前日は普通に…

  3. 日常

    香港断片:手形

    しばらく終電帰宅、始発出社が続きそうな勢い。とりあえず、香港…

  4. 日常

    DVDをなんとかしろ

    ようやく目にみえる形でDVD企画が動き出した。とはいってもまだロ…

  5. 日常

    まず一息。

    ようやく一息いれることができた。仕事とコンペ作品2つを掛け持ちでまわ…

  6. 日常

    『書体を読む。』

    デザイナーとして書体を理解することは必須。とはいえ、すべての書体を…

最近の記事

  1. 便利すぎる!買ってよかったキッチンツール「キッチンペーパーハンガー」
  2. ジムで活躍!プロテイン用のボトルにおすすめ!「nalgene(ナルゲン)の沖倉商店コラボ・ボトル」
  3. コミックのイラストが新鮮だった!『MARVEL展』
  4. ジム用に購入♪ リバーサル・オッシュマンズ別注「ドライスウェットショーツ」
  5. 暮しの手帖社とのコラボ作品!大きい面積が使いやすい!「日東紡の新しいふきん」

アーカイブ

  1. 日常

    「ブルース・ウェーバー展」
  2. 日常

    鏡面仕上げ商品の撮影
  3. 日常

    秋はバイク
  4. Route7

    アート

    雨の日の車窓風景をリアルに描いた絵画
  5. The Cotswolds
PAGE TOP