日常

「廣村正彰 2D ⇔ 3D」

2d3d

ギンザ・グラフィック・ギャラリーで今日まで行われている企画展だ。
昨日、なんとか時間をつくっていくことができた。
各案件にたいして、本質を見抜いてコンセプトを練り込んでいく力は独特のものがあると感じた。
一度決めたコンセプトは徹底して磨き込んでいく職人的なパワーも見所だ。
2Dのグラフィックが、空間に与える影響、人に対してのディレクションも考えてデザインされているのがよく分かる。
人にどのようにその空間を感じ取ってほしいのかも考えられているので、なにか優しい感じを受けるのかもしれないな。

関連記事

  1. 日常

    香港ロケ1 5/17

    前日からスタッフ内に不安が広がっていた。台風1号。なかなかデカイら…

  2. 日常

    「パウル・クレー展」

    前々からパウル・クレーの本がほしいと思いつつ古本で2万円以上という…

  3. 日常

    なんだか楽

    いやー、こんなに楽でいいんだろうか。仕事。これまでが忙しすぎたんだ…

  4. 日常

    生茶パンダ先生!?

    キャラクターをたてると、こーいうことができるから強いなあ。「生茶パン…

  5. 日常

    原研哉×ナガオカケンメイ トークイベント

    2008年8月24日、銀座のアップルストアで開催された。「デザイン物…

  6. 日常

    ワークスペース、パワーアップ

    会社のデスクまわりがパワーアップ。デュアル・液晶モニター環境になっ…

アーカイブ

  1. 日常

    撮影大会
  2. 日常

    『昼の学校 夜の学校』
  3. statusbarhidden1.png

    iOS

    じゃまなステータスバーは消してしまえ!
  4. 便利なタグがいっぱい! 記事作成が捗るWPプラグイン「AddQuicktag」

    WordPress

    便利なタグがいっぱい! 記事作成が捗るWPプラグイン「AddQuicktag」
  5. 日常

    出張デザイン
PAGE TOP