日常

「廣村正彰 2D ⇔ 3D」

2d3d

ギンザ・グラフィック・ギャラリーで今日まで行われている企画展だ。
昨日、なんとか時間をつくっていくことができた。
各案件にたいして、本質を見抜いてコンセプトを練り込んでいく力は独特のものがあると感じた。
一度決めたコンセプトは徹底して磨き込んでいく職人的なパワーも見所だ。
2Dのグラフィックが、空間に与える影響、人に対してのディレクションも考えてデザインされているのがよく分かる。
人にどのようにその空間を感じ取ってほしいのかも考えられているので、なにか優しい感じを受けるのかもしれないな。

関連記事

  1. appbank_shinjyuku-2.jpg
  2. 日常

    コマカイナオシ

    やっぱり直しがでてくるのな、こまかいな。それならそうと初めから言…

  3. 日常

    飲み明け

    きのうの夜、送別会。会社が3つのビルに分かれているから、こういう…

  4. 日常

    実用的衝動買い

    掃除機を衝動買いするとは思わなかった。ここ最近掃除がマイブームだ…

  5. 日常

    『五感刺激のブランド戦略』

    ようやく、グラフィックデザインも表面的な見た目の表現だけではなく、…

  6. 日常

    3/28,29 いつもの撮影

    この日からは、今までに比べれば楽な日々が続いたなあ。いつものイン…

アーカイブ

  1. 「はやぶさ」の列

    イベント

    JAXA相模原キャンパス特別公開 2011-2
  2. 日常

    だめかあああ。
  3. 日常

    特殊印刷の世界
  4. 日常

    アートプロジェクト
  5. JAXA相模原キャンパス2011

    イベント

    JAXA相模原キャンパス特別公開 2011-1
PAGE TOP