日常

「原研哉トークショー」

2008年6月1日、『白』の刊行を記念して原研哉のトークショーがあった。
この方の考え方は、好きでほとんどの部分に共感できるし、目指している方向と同じところがあるんだよな。
空白、Emptinessというコンセプトを「白」という概念でまとめた著作。この日本文化的なコンセプトは、世界に通じるデザイン・コンセプトだろう。
フォーカス・ポイントをつくらない、あいまいなまま物事を受け入れるキャパシティをもったエンプティネスという方法はローカルだからこそ、グローバルに通用する。
「シンプル」というエンプティと似たような概念が西洋にある。この二つはまったくの別物だと原はいう。確かにシンプルには深みがない。エンプティには物事を受け入れる器のような余地がある。それは無印良品を見れば、わかる。シンプルというよりも、エンプティ。日本人の美意識のルーツだ。
デザインについては、差違のコントロールである、と原は常々言ってきた。最小のコントロールでデザイン要素をレイアウトすればナチュラルなものができる。その結果が、原のエディトリアル・デザインの「白」だ。
この「白」についても、おもしろい捉え方をしている。ここでいう「白」は色ではない、と。「色がない」という意味の白、「白」という感じ方、という物理的な色ではないという考え方だ。「白という概念」があるんだということだろう。
これはウツ(空)の概念としても有名であり、日本文化の根っこにあたる重要なものだ。日本のコミュニケーションも、空白である「間」を大切にしている。
こうした色の文化は、世界に点在する文化の数だけあるのだろう。
古代の日本には「赤」「青」「白」「黒」という色意識しかなかったという話も気になった。
応えを呼び込む「間」をどうやって創るのか。
シンプルとはまったく違う文化を実践するにはどうするか。
まだ『白』を読んでいないが、ヒントはそこにあると思う。

関連記事

  1. 日常

    チェックはきびしく

    天気もよく、時間もできたのでひさしぶりにセレクトショップめぐり・イ…

  2. 日常

    『造形思考』

    この本は以前から読んでみたかった本だった。ただ、古書としても高いし、手…

  3. 日常

    高級カフェランチ

    ついに行った。天気がよく、いつもよりもあたたかかったので、例のカ…

  4. 日常

    気になるCSS

    台風のあとだから天気が良かった。でも、かなり蒸し暑い。しんど。上野公…

  5. 日常

    The National Gallery

    初のロンドン。ロンドンといえばやっぱり、ミュージアムでしょ。ってこ…

  6. 日常

    舞台裏

    12時間くらい会場準備にかけた。 プロの動きは見ていて気持ちがいいな。…

最近の記事

  1. 【UNIQLO】ユニクロ誕生感謝祭で買いだめ!
  2. 便利すぎる!買ってよかったキッチンツール「キッチンペーパーハンガー」
  3. ジムで活躍!プロテイン用のボトルにおすすめ!「nalgene(ナルゲン)の沖倉商店コラボ・ボトル」
  4. コミックのイラストが新鮮だった!『MARVEL展』
  5. ジム用に購入♪ リバーサル・オッシュマンズ別注「ドライスウェットショーツ」
  6. 暮しの手帖社とのコラボ作品!大きい面積が使いやすい!「日東紡の新しいふきん」
  7. 水引と風呂敷の包み方のデザインが美しい引き出物「祝づつみ」
  8. 【無印良品】ちょっと小さいクリップも買っておいて損はない「袋止めクリップ・小」
  9. 【無印良品】普通に使えるクリップが安くてうれしい「袋止めクリップ・大」
  10. 今年の手帳はコレに決めた♪「ほぼ日手帳 2017 オリジナル」

アーカイブ

  1. 日常

    季節モノ
  2. gooddesign_exhibition2012-1.jpg

    展覧会

    グッドデザインばかりが集められた「GOOD DESIGN EXHIBITION …
  3. 20120606203412

    MarsEdit

    【MarsEdit】登録ブログのログインユーザー名・パスワードを変更する方法
  4. skubb-1.jpg

    IKEA

    【IKEA】安くてかっこいい、そして便利! IKEAの収納「SKUBB 収納 9…
  5. 日常

    「KAZUO KAWASAKI ANTHOLOGY:Super Live」
PAGE TOP