日常

「原研哉トークショー」

2008年6月1日、『白』の刊行を記念して原研哉のトークショーがあった。
この方の考え方は、好きでほとんどの部分に共感できるし、目指している方向と同じところがあるんだよな。
空白、Emptinessというコンセプトを「白」という概念でまとめた著作。この日本文化的なコンセプトは、世界に通じるデザイン・コンセプトだろう。
フォーカス・ポイントをつくらない、あいまいなまま物事を受け入れるキャパシティをもったエンプティネスという方法はローカルだからこそ、グローバルに通用する。
「シンプル」というエンプティと似たような概念が西洋にある。この二つはまったくの別物だと原はいう。確かにシンプルには深みがない。エンプティには物事を受け入れる器のような余地がある。それは無印良品を見れば、わかる。シンプルというよりも、エンプティ。日本人の美意識のルーツだ。
デザインについては、差違のコントロールである、と原は常々言ってきた。最小のコントロールでデザイン要素をレイアウトすればナチュラルなものができる。その結果が、原のエディトリアル・デザインの「白」だ。
この「白」についても、おもしろい捉え方をしている。ここでいう「白」は色ではない、と。「色がない」という意味の白、「白」という感じ方、という物理的な色ではないという考え方だ。「白という概念」があるんだということだろう。
これはウツ(空)の概念としても有名であり、日本文化の根っこにあたる重要なものだ。日本のコミュニケーションも、空白である「間」を大切にしている。
こうした色の文化は、世界に点在する文化の数だけあるのだろう。
古代の日本には「赤」「青」「白」「黒」という色意識しかなかったという話も気になった。
応えを呼び込む「間」をどうやって創るのか。
シンプルとはまったく違う文化を実践するにはどうするか。
まだ『白』を読んでいないが、ヒントはそこにあると思う。

関連記事

  1. 日常

    7/30 最終日

    いよいよ最後、今日の夜帰国する。午後からEstu、Toとベイカー…

  2. 日常

    せめてプロらしく

    いつもながら、どこかのんきな雰囲気がずっとある会社だなあ。プロ…

  3. 日常

    マッチョ系料理番組!?

    やれやれ、また26:30までかかっちゃった、仕事。どーもまとまってド…

  4. 日常

    フリーマーケット

    フリーマーケットへいってきた。6時半には家をでたから、かなり気合いが…

  5. 日常

    『プランニング編集術』

    情報を扱ううえでかかせない技術である「編集」をプランニングに持ち込…

  6. 日常

    『7日間でマスターするレイアウト基礎講座』

    デザインは「設計」だというのがよく分かる一冊。レイアウトの基本…

アーカイブ

  1. 日常

    2008年、空(KU)福袋
  2. 日常

    『日本美の意匠』
  3. longlifedesign

    講演会

    「ロングライフデザインについて 深澤直人×ナガオカケンメイ」 2
  4. oncomplete_function.jpg

    JavaScript

    【TweenMax】「onComplete」で引数を使う方法
  5. zozotown_jinspc1

    プロダクト

    JINS PCとZOZOTOWNがコラボ! オシャレPCメガネ誕生! 注文しちゃ…
PAGE TOP