日常

「原研哉トークショー」

2008年6月1日、『白』の刊行を記念して原研哉のトークショーがあった。
この方の考え方は、好きでほとんどの部分に共感できるし、目指している方向と同じところがあるんだよな。
空白、Emptinessというコンセプトを「白」という概念でまとめた著作。この日本文化的なコンセプトは、世界に通じるデザイン・コンセプトだろう。
フォーカス・ポイントをつくらない、あいまいなまま物事を受け入れるキャパシティをもったエンプティネスという方法はローカルだからこそ、グローバルに通用する。
「シンプル」というエンプティと似たような概念が西洋にある。この二つはまったくの別物だと原はいう。確かにシンプルには深みがない。エンプティには物事を受け入れる器のような余地がある。それは無印良品を見れば、わかる。シンプルというよりも、エンプティ。日本人の美意識のルーツだ。
デザインについては、差違のコントロールである、と原は常々言ってきた。最小のコントロールでデザイン要素をレイアウトすればナチュラルなものができる。その結果が、原のエディトリアル・デザインの「白」だ。
この「白」についても、おもしろい捉え方をしている。ここでいう「白」は色ではない、と。「色がない」という意味の白、「白」という感じ方、という物理的な色ではないという考え方だ。「白という概念」があるんだということだろう。
これはウツ(空)の概念としても有名であり、日本文化の根っこにあたる重要なものだ。日本のコミュニケーションも、空白である「間」を大切にしている。
こうした色の文化は、世界に点在する文化の数だけあるのだろう。
古代の日本には「赤」「青」「白」「黒」という色意識しかなかったという話も気になった。
応えを呼び込む「間」をどうやって創るのか。
シンプルとはまったく違う文化を実践するにはどうするか。
まだ『白』を読んでいないが、ヒントはそこにあると思う。

関連記事

  1. iphone_lost10

    日常

    iPhoneを無くしたときにしたこととその教訓

    今週の月曜日のことですが、まさかのiPhoneを無くしてしまうとい…

  2. 日常

    いいものを探して

    なかなかいい物件があったから、不動産屋にいってきた。残念ながら目…

  3. 日常

    のうひん。

    おわった、完了、納品した。すごかったなあ、今回のドタバタ。昨日…

  4. 日常

    パッキングがぁ

    パッキングできてねーなー。もうすぐ発つというのに、しかも前日は普通に…

  5. 日常

    充電中・・・

    何もしない日が続いているなあ。本を読むことくらいはしているけど、ここ…

  6. 日常

    また東京で

    今日は小さな飲み会というか食事というか。先日の元レディング生の集…

最近の記事

  1. 便利すぎる!買ってよかったキッチンツール「キッチンペーパーハンガー」
  2. ジムで活躍!プロテイン用のボトルにおすすめ!「nalgene(ナルゲン)の沖倉商店コラボ・ボトル」
  3. コミックのイラストが新鮮だった!『MARVEL展』
  4. ジム用に購入♪ リバーサル・オッシュマンズ別注「ドライスウェットショーツ」
  5. 暮しの手帖社とのコラボ作品!大きい面積が使いやすい!「日東紡の新しいふきん」

アーカイブ

  1. hayabusa_1year_event

    イベント

    はやぶさ地球帰還1周年記念講演会
  2. mission_frontier-1.jpg

    展覧会

    「ミッション:フロンティア 知覚の宇宙へ」展
  3. 【無印良品】キッチンまわりは「整理ボックス」で仕分け♪

    無印良品

    【無印良品】キッチンまわりは「整理ボックス」で仕分け♪
  4. 日常

    時差ぼける人
  5. 日常

    「技術」と「表現」
PAGE TOP