日常

「原研哉トークショー」

2008年6月1日、『白』の刊行を記念して原研哉のトークショーがあった。
この方の考え方は、好きでほとんどの部分に共感できるし、目指している方向と同じところがあるんだよな。
空白、Emptinessというコンセプトを「白」という概念でまとめた著作。この日本文化的なコンセプトは、世界に通じるデザイン・コンセプトだろう。
フォーカス・ポイントをつくらない、あいまいなまま物事を受け入れるキャパシティをもったエンプティネスという方法はローカルだからこそ、グローバルに通用する。
「シンプル」というエンプティと似たような概念が西洋にある。この二つはまったくの別物だと原はいう。確かにシンプルには深みがない。エンプティには物事を受け入れる器のような余地がある。それは無印良品を見れば、わかる。シンプルというよりも、エンプティ。日本人の美意識のルーツだ。
デザインについては、差違のコントロールである、と原は常々言ってきた。最小のコントロールでデザイン要素をレイアウトすればナチュラルなものができる。その結果が、原のエディトリアル・デザインの「白」だ。
この「白」についても、おもしろい捉え方をしている。ここでいう「白」は色ではない、と。「色がない」という意味の白、「白」という感じ方、という物理的な色ではないという考え方だ。「白という概念」があるんだということだろう。
これはウツ(空)の概念としても有名であり、日本文化の根っこにあたる重要なものだ。日本のコミュニケーションも、空白である「間」を大切にしている。
こうした色の文化は、世界に点在する文化の数だけあるのだろう。
古代の日本には「赤」「青」「白」「黒」という色意識しかなかったという話も気になった。
応えを呼び込む「間」をどうやって創るのか。
シンプルとはまったく違う文化を実践するにはどうするか。
まだ『白』を読んでいないが、ヒントはそこにあると思う。

関連記事

  1. 日常

    理論と経験

    理論だけあっても、現場では対応できない。経験だけでは、その経験の…

  2. 日常

    Manchester

    マンチェスターは大都市。道路幅も大きく、路面電車も頻繁に走り回る。近…

  3. 日常

    朝方

    最近眠いなあ、今までは夜は2時くらいまで起きていろいろやってたんだ…

  4. 日常

    無事に終了。でも・・・

    よ~し、終わった。今回のイベントというかシンポジウムの撮影は楽だ…

  5. 日常

    商標セミナー

    7月24日(金)14時というスゴイ時間ですが、すでに申し込んだ。ブラ…

  6. 日常

    校正の日

    朝から夜まで校正づけ。教育機関向けの広報誌ということもあってセン…

最近の記事

  1. 【無印良品】作り置きに欠かせない!バルブ付き密閉保存容器
  2. 【UNIQLO】冬のジム通いにブロックテックフリースパーカをお得に購入!!
  3. 【UNIQLO】冬のジム通いにブロックテックフリースパンツをお得に購入!!
  4. 【UNIQLO】ユニクロ誕生感謝祭で買いだめ!
  5. 便利すぎる!買ってよかったキッチンツール「キッチンペーパーハンガー」
  6. ジムで活躍!プロテイン用のボトルにおすすめ!「nalgene(ナルゲン)の沖倉商店コラボ・ボトル」
  7. コミックのイラストが新鮮だった!『MARVEL展』
  8. シンプルで使い易い!!「雷に強い マイクロタップ 4個口」
  9. ジム用に購入♪ リバーサル・オッシュマンズ別注「ドライスウェットショーツ」
  10. 暮しの手帖社とのコラボ作品!大きい面積が使いやすい!「日東紡の新しいふきん」

アーカイブ

  1. FREITAG_STORE_TOKYO-2.jpg

    日常

    アジア初のフライターグ旗艦店「FREITAG STORE TOKYO 」にいって…
  2. 日常

    ランチタイム
  3. brain

    デザイン

    脳トリビアもいいけど、インフォグラフィックスもステキだ
  4. 日常

    『デザイン・ルールズ』
  5. 日常

    エアコンよりも五感で「涼」を。
PAGE TOP