日常

「ブルース・ウェーバー展」

kitten

「ブルース・ウェーバー展」に行ってきた。
今公開されている『トゥルーへの手紙』という映画を制作したウェーバー。80年代にデビューした写真家で、カルバン・クラインの広告キャンペーンで有名になり「ファッションをアートに変えた男」なんて呼ばれてるそう。
写真家が撮った映画ということでこの映画には注目しているところ。
映画と合わせて見ておこうと思った。会場は会社にも近くて、ついでに立ち寄れるから都合がいい。
思ったよりも会場は狭かった。通路も狭く、大人3人くらい並ぶと通れない。しかも、その両方の壁に写真が展示されているから人をすり抜けて観るような格好になる。
観にいった時間帯が遅かったからか会社帰りらしき人が多く混んでいたな。
写真は、美青年ポートレートものが多かった印象。もちろん犬の写真もある。ジャズ・トランペット奏者のチェット・ベイカーの写真も多かった。
展示されているウェーバーの写真はとことん「人」だ。いわゆる風景写真はなかったんじゃないかな、すべてに人が絡んでいた。その人らしさが現れている表情やしぐさをバシッと撮っている、ココがウェーバーらしさなんだと思う。
全部で30分の短編映画も上映されていた。
ほぼ全カットがカメラを手で持って撮影しているんじゃないかな。それほど画面は不安定で常に動き回って、私小説的に仕上がっている。つまり主観的ショットで構成されていて、イメージ的で場面を説明するようなシーンやカットはほぼない。
写真をカメラでなめ回す、という撮影方法が写真家らしいと思った。これももちろん手持ちで撮影されているから微妙なゆれが映像に加えられてプライベート感が演出される。
映画はまだ観ていない。
正直なところ、どんな方法で組み立てられているのかが、映画の内容よりも気になっている。
楽しみ。
ブルース・ウェーバー展

関連記事

  1. 日常

    バリ3日目

    二手に分かれてのツアー同行撮影。香港とまったく同じペアで動くこと…

  2. 日常

    やる気を出す方法

    いや、やる気がないわけでhなく、ネタとしておもしろかった。論理的なも…

  3. 日常

    やっと週末、か

    この一週間は充実してたなあ。ナレーション収録、MAから始まって、納品…

  4. 日常

    編プロと版元

    朝っぱらから、知り合いTaの編集プロダクションへいって仕事の打ち合…

  5. 日常

    忙しくない日

    最近にしてはめずらしく、まったく忙しくない日だった。本当なら忙し…

  6. 日常

    出張デザイン

    今仕事をしている企業に行ってその場で映像効果をつけたりした。普段は自宅…

最近の記事

  1. 便利すぎる!買ってよかったキッチンツール「キッチンペーパーハンガー」
  2. ジムで活躍!プロテイン用のボトルにおすすめ!「nalgene(ナルゲン)の沖倉商店コラボ・ボトル」
  3. コミックのイラストが新鮮だった!『MARVEL展』
  4. ジム用に購入♪ リバーサル・オッシュマンズ別注「ドライスウェットショーツ」
  5. 暮しの手帖社とのコラボ作品!大きい面積が使いやすい!「日東紡の新しいふきん」

アーカイブ

  1. xcode_arc.jpg

    iOS

    XcodeでARCではないプロジェクトをARC仕様に変換する方法
  2. 日常

    プライベートレッスン
  3. ミスドのフィッシュズエディコラボ第2弾のオリジナルプレートもいい!

    テーブルウェア

    ミスドのフィッシュズエディコラボ第2弾のオリジナルプレートもいい!
  4. 日常

    朝も夕方も
  5. 日常

    「100%写植」
PAGE TOP