日常

「グレゴリー・コルベール ashes and snow展」

ノマディック美術館

遅くなったけど、ようやく時間をつくれた。
行っておかないと後悔するだろうと思ったから。
まず美術館の佇まいに見とれた。
なんて大胆でフラジャイルなんだろうと。
ノマディック、遊牧という名の美術館は、展示される作品のコンセプトを体現していてキレイだった。貨物コンテナを利用して組み立てられたことは一目でわかる。そのコンテナの数は152個におよぶそう。コンテナは移動先でレンタルし、会期終了後に返却されるという。なるほど、移動先でその土地のものを使って出現し、また去っていくという仮設性はコンセプトにぴったりだ。
内部は紙管の列柱で大きく仕切られていた。敷き詰められたキレイな砂利や柔らかい照明などもいい雰囲気。
作品がすばらしいのは当然として、その作品にふさわしい展示空間そのものを出現させるという徹底してコンセプトを貫く姿勢が気持ちいい。
和紙に焼き付けられた粒子粗めの写真は、タイトル、キャプションの類はつけられずに展示されている。観る側が自由に作品に入っていけるように、という配慮。
セピア調とは一口にいいきれない色あいと粒子感がよくマッチしていたと思う。
あの吸い込まれるような感じは実際にあの美術館の空間で観なければ分からなかっただろうな。
映像もやはり吸い込まれる感じ、眼が離せなくなるあの印象は独特だ。多くの人がスクリーンに見入っている光景が、その事実を物語っていた。
あの空間と作品が相乗効果を生んでいるんだろう、すばらしいプロジェクトだ。
あれだけ鑑賞者が作品に入っていける展覧会は初めて経験した。

関連記事

  1. 日常

    『プランニング編集術』

    情報を扱ううえでかかせない技術である「編集」をプランニングに持ち込…

  2. 日常

    再会の仕事

    土曜日の撮影は無事に終了。今までになく大変なものになったけど。会場…

  3. 日常

    「日本とドイツの美しい本2006」

    印刷博物館にて開催されている企画展。2007年11月11日に同博物館…

  4. 日常

    引越中止

    なんか期待はずれだなあ。期待していた引越資金までぜんぜんとどかないや…

  5. 日常

    素材の山から金の断片をみつけろ

    タイトルは、自分に向けての一言。ようやくマスタリングまで辿り着いた…

  6. 日常

    ショートフィルム・プロモーション

    おもしろそうな仕事がきた。外部のプロデューサーからの紹介で、ネッ…

最近の記事

  1. 便利すぎる!買ってよかったキッチンツール「キッチンペーパーハンガー」
  2. ジムで活躍!プロテイン用のボトルにおすすめ!「nalgene(ナルゲン)の沖倉商店コラボ・ボトル」
  3. コミックのイラストが新鮮だった!『MARVEL展』
  4. ジム用に購入♪ リバーサル・オッシュマンズ別注「ドライスウェットショーツ」
  5. 暮しの手帖社とのコラボ作品!大きい面積が使いやすい!「日東紡の新しいふきん」

アーカイブ

  1. LEGOはやぶさ

    LEGOはやぶさ

    LEGOはやぶさ、一般予約開始!
  2. 日常

    「文字・言葉・物語」
  3. 日常

    これで正式な納品
  4. 日常

    普段使いの万年筆
  5. 日常

    校正に構成
PAGE TOP