日常

「グラフィックデザインの未来」

東京ミッドタウンのデザインハブで「デザインハブ・オープニング・リレートーク デザインの未来」が開催された。
リレートークということで、
「広告とCIの未来」
「ポスターとブック・エディトリアル」
「グラフィックデザインの未来」
「パッケージとジェネラルグラフィックの未来」
の4つテーマごとにデザイナーの対談が企画された。その構成と司会は、編集者の後藤繁雄。
魅力的なテーマばかりだが、仕事と時間の都合で5月27日の「グラフィックデザインの未来」だけしか参加できなかったのが残念。
このテーマのゲストには永井一正と原研哉が選ばれているので聞き応えは充分だ。
まずは、ざっと日本のグラフィックデザイン史を永井が総ざらい。
家紋をすぐれたデザインだと捉えているところは、共通した考え方だ。似たようなものでヨーロッパには紋章がある。
ただし、二つを比べたときにその違いはハッキリするという。
デザインのモチーフとそのバリエーションの数は圧倒的に日本の家紋の方が多い。
このデザインソースから学べることはかなりあるだろう。
原は、デザイナーが大事なのではなく「デザインの概念」が大切なのだと断言。
イメージとしては、言語、社会、サイエンスなどと並びうる「概念」だ。
自身もそうした概念に取り組むうえでの展開として、
日常の中に隠れているデザインを再発見していこうといいう「Re Design 」、人間に備わっている5感をフル回転させて自身の世界を広げるという「HAPTIC」などのデザイン概念の展覧会を開催している。
永井の視点は、ヨーロッパからやってきた合理的なデザインの概念を、日本文化とミックスさせてどうやって進んでいくかを日本のグラフィックデザインは、これから突き詰めていくべきだと語った。
日本文化がもつ合理的なだけではないデザイン感覚が求められるようになるだろう、と。
それには、日本文化がもつ情報、歴史のソースをどうやって今後に活かしていくか、どう使うかを再検討すること。つまり歴史に学ぶことが大切だと強調していた。
これにはまったく同感。自分自身もすでに日本文化が持つデザインの方法を身につけるように努力しているところだ。こうして、同じ事を思っている人がいると心強い。
やっていることは間違っていなかったな。
原も、デザインという思想の根幹には、日本的なものが必要だと世界から思われている、というようなことを言っていた。
今、目指していることの大切さを再確認でき、それに向かう勇気をもらった対談になった。

関連記事

  1. 日常

    晩ご飯は出前で

    最近、ちょっと仕事で遅くなることがあって、そんなときは出前をとって…

  2. 日常

    仕事復活

    せっかく終わったと思っていた仕事に、手落ちが発覚。しっかりしてく…

  3. 日常

    絶妙なマネジメント

    や~~っぱり、終わってなーい!!せっかく午後いちで行ったのに、映…

  4. 日常

    大琳派展

    2008年11月3日、東京国立博物館で開催されている「大琳派展」にいっ…

  5. 日常

    一回休み

    この土日は、天気もよくゆっくりできた。その分、来週は忙しくなりそ…

  6. レゴ「はやぶさ」提案

    日常

    NHK『サキどり』にでます!!

    日曜日の8:25分から放送されているNHKのビジネス系情報番組『サキど…

最近の記事

  1. 便利すぎる!買ってよかったキッチンツール「キッチンペーパーハンガー」
  2. ジムで活躍!プロテイン用のボトルにおすすめ!「nalgene(ナルゲン)の沖倉商店コラボ・ボトル」
  3. コミックのイラストが新鮮だった!『MARVEL展』
  4. ジム用に購入♪ リバーサル・オッシュマンズ別注「ドライスウェットショーツ」
  5. 暮しの手帖社とのコラボ作品!大きい面積が使いやすい!「日東紡の新しいふきん」

アーカイブ

  1. 焙煎機の音と飲むコーヒーが逸品!「Blue Bottle Coffee 清澄白河ロースタリー&カフェ」

    グルメ

    焙煎機の音と飲むコーヒーが逸品!「Blue Bottle Coffee 清澄白河…
  2. はやぶさ

    映画

    20世紀フォックス「はやぶさ」を観た
  3. 20130923111815.jpg

    iOS

    Xcode5の「A valid provisioning profile for…
  4. obake_-birthday-1.jpg

    読書

    マンガっぽい絵本『おばけたんじょうかい』
  5. 日常

    Collograph始まる
PAGE TOP