日常

「さよなら ナム・ジュン・パイク展」

そら

ビデオ・アートの先駆けで、かなり頭のいい人だという印象がずーっとあり、実際に作品を見るのは初めて。
今では派手なグラフィックや、高度なCG技術が連想されるビデオ・アートだけど、パイクの作品はどれもアナログ感漂うインスタレーションだった。
なかでもロウソクを使った作品がキレイだったな。
あの炎のゆらぎとデジタル感があわさったものは、今までにない感覚だった。
映像のみの表現にとどまらず、その空間を意識したものばかり。
映像を映し出すハードそのものも問題にされている、つまりモニター。
モニターの箱のような物質感が、映し出される映像の存在感と混ざるのはおもしろい。
今ならば、液晶テレビのような「薄いモニター」を使った映像空間をどのように創るかを観たい。
撮影したものが、即座にモニターに映し出されるという同時性に注目していたようで、ビジュアル作品にもテーマとして扱われるほど。
ヨーロッパ、日本、アメリカを巻き込んでの同時テレビ番組中継は、歴史に残るものだろうな。
時間軸のコラージュを意識した表現も時代の先をいっていたようだ。
展覧会を記念して出版した本には、パイクと親しかった人たちが記事を寄せている。
読んでみると、その先進的な考え方よりもその人柄について語っていることが多く、パイクの別の面をしることができた。
かなり自分の考え方を強く持っている人で、気配りも細かくできる温厚な人柄だったそう。

関連記事

  1. 日常

    デザインと色

    Polaroid社のSX-70で撮ったお気に入りのモノ。時計と灰…

  2. 日常

    『Grid Systems』読了!

    ロンドンで買った本をようやく読み終わった。『Grid Sys…

  3. 日常

    人生は一回きりってか

    ドラクエ・ネタですが、なんと、セーブできるデータはソフト1本につき…

  4. 【コラージュ日記5】電気ポット壊れる

    日常

    【コラージュ日記5】電気ポット壊れる

    電気ポットがこわれた!ショック。※デジハリの授業のひとつで作成し…

  5. 日常

    香港ロケ5 5/21

    この日がツアーのクライマックス。午前中から「香港コンベンション&…

  6. 日常

    実用的衝動買い

    掃除機を衝動買いするとは思わなかった。ここ最近掃除がマイブームだ…

最近の記事

  1. 便利すぎる!買ってよかったキッチンツール「キッチンペーパーハンガー」
  2. ジムで活躍!プロテイン用のボトルにおすすめ!「nalgene(ナルゲン)の沖倉商店コラボ・ボトル」
  3. コミックのイラストが新鮮だった!『MARVEL展』
  4. ジム用に購入♪ リバーサル・オッシュマンズ別注「ドライスウェットショーツ」
  5. 暮しの手帖社とのコラボ作品!大きい面積が使いやすい!「日東紡の新しいふきん」

アーカイブ

  1. コンバースのホワイトアトリエとコラボしたFire-Kingのスタッキングマグがカッコイイ!

    テーブルウェア

    コンバースのホワイトアトリエとコラボしたFire-Kingのスタッキングマグがカ…
  2. 日常

    撮影とスキー
  3. 日常

    風邪ひきはじめ
  4. ut_popup_tyo-5.jpg

    イベント

    旧東急東横線渋谷駅プラットホームとコラボしたショップ「UT POP-UP! TY…
  5. version_build.jpg

    iOS

    「Distribute」ででたエラー「This bundle is invali…
PAGE TOP