展覧会

透明感が最高!「巨匠たちの英国水彩画展」

12 manchester 1

ターナー好きとしては見逃せない企画展でした!

もう去年のことになりますが、記録として残しておきます。
10/20〜12/9までやっていました。

今回はターナーばかりではなく、いろんな英国の画家が残した水彩画が集められていました。
12 manchester 2

水彩画は透明感があってほんとにいいですね〜。
下絵との合わせ技で油絵では難しいきめ細かい演出ができるところが観ていて清々しいんです。
例えばペンとインクと薄い水彩でセピアっぽい色彩の作品があったりします。これも暖かい雰囲気でいいんですよ。
12 manchester 3

油絵よりも小さな判型の作品が多かった気がします。ある程度細かく作品を作り込めるのでしょうね。
パノラマ写真を思わせる横長の作品がきれいでした。部屋に飾ったらいいんだろうな〜とか妄想しながら鑑賞してました。
12 manchester 4

水彩画は紙の質感も作品への影響が大きいので使われている紙にも注目するのがいいですよ。わざと粗い紙を使って質感を作るということもやっているので。

気になった絵はメモしているので、以下に残しておきます。

ウィリアム・バーズの「カンポ・ヴァチーノ」は鉛筆と水彩で繊細な柔らかさがとても印象に残る作品でした。

レジナルド・バラットの「日没時のスフィンクス」の夕焼けはすばらしい表現でした。

夕焼けと言えば、ターナーの「アップナー城」の夕焼けの色は見入っちゃいますね。あの絵を観ながらコーヒー飲みたい(笑)

同じくターナーの「濡れた浜辺に沈む夕日」も抽象度高くて好きです。こっちは紅茶かなあ(笑)
12 manchester 5

水彩画は微妙な色の差異を透明感持ったまま表現できるんでしょうか、夕景が素晴らしい作品が心に残りました。

もしかしたら油絵よりも水彩画のほうが好きかもしれないです♪

写真はおみやげにゲットしてきたブックマーク。
12 manchester 6

関連記事

  1. piece_of_peace_part3-1.jpg

    展覧会

    ゆっくり堪能したい!「レゴブロック」で作った世界遺産展 PART-3

    この展示が始まって2週目くらいに行ってきました。それでもちょっと…

  2. mission_frontier-1.jpg

    展覧会

    「ミッション:フロンティア 知覚の宇宙へ」展

    ルネサンスのころ、確かに科学と美術は重なっていた。それが長い間、一…

  3. katagami_style01

    展覧会

    世界が恋した日本のデザインを観よう!『KATAGAMI Style展』の見どころ3つ

    「KATAGAMI」とは「型紙」のこと。鎌倉から南北朝時代にかけて…

  4. 入り口

    展覧会

    ”これも自分と認めざるをえない”展

    ようやく行ってきた。終了間近なので混むことを予想して会館と同時にいった…

  5. graphic_design_in_japan_2012_1

    展覧会

    日本らしいシンプル系が多数展示されていた「GRAPHIC DESIGN IN JAPAN 2012」…

    先日ちょっと久しぶりに東京ミッドタウンのDESIGN HUB(デザ…

  6. bikkuriman_exhibition-37.jpg

    展覧会

    あれから30年!?ビックリマン30周年記念原画展にいってきた

    あの「ビックリマン」が30周年を記念して原画展をやっているとい…

最近の記事

  1. 便利すぎる!買ってよかったキッチンツール「キッチンペーパーハンガー」
  2. ジムで活躍!プロテイン用のボトルにおすすめ!「nalgene(ナルゲン)の沖倉商店コラボ・ボトル」
  3. コミックのイラストが新鮮だった!『MARVEL展』
  4. ジム用に購入♪ リバーサル・オッシュマンズ別注「ドライスウェットショーツ」
  5. 暮しの手帖社とのコラボ作品!大きい面積が使いやすい!「日東紡の新しいふきん」

アーカイブ

  1. 日常

    新潟で
  2. 日常

    カタチ
  3. a_letter_to_true-1.jpg

    展覧会

    ブルース・ウェーバー展「The True Store and Gallery」
  4. 日常

    お茶こぼした。玉露入り。
  5. 20120730204604

    iOS

    コメントとログをコードに混ぜて分かりやすく書いていきたい♪
PAGE TOP