Mac

Macで不可視ファイルを見えるようにする方法

AppleShowAllFiles

この世には「不可視ファイル」というものがあり、WordPressとかいじっているとその見えないファイルが重要だったりもたまにあります。

以下はDropboxの例です。

AppleShowAllFiles02

そんな普段では見えないファイルを見えるようにする方法をメモしておきます。

不可視ファイルを見えるようにする方法

ターミナルで以下を実行するだけです。

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE

以下で元に戻します。

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles FALSE

簡単ですね♪

関連本

関連記事

  1. Mac App Store

    Mac

    Mac App Storeで買ってみた。

    先日オープンしたMac App Store。せっかくなので買ってみま…

  2. mac_cantopen.jpg

    Mac

    Macの「”ほげほげ”は、開発元が未確認のため開けません。」を解決する方法

    いつのまにか、ダウンロードしてきたソフトを起動しようとすると…

  3. git_xcode.jpg

    Mac

    MacのOSをアップグレードしてgitが使えなくなったときの解決策

    MacのOSをアップグレードしたら「git」が使えなくなりました。…

  4. new_memory08

    Mac

    ついにMacBook Proのメモリを増設! 8GBで快適♪

    これまで使っているMacBook Proのメモリは4GBでした。そ…

  5. TimeMachineの処理が進まないときに試すこと

    Mac

    TimeMachineの処理が進まないときに試すこと

    Time Machineのバックアップが途中で止まってしまう症状に悩ま…

  6. new_imac-1.jpg

    Mac

    新iMacがキターーーーー!!!さっそく開封!

    もう4ヶ月ほど前のことになりますが、せっかくなので記録を残して…

アーカイブ

  1. オトグラファー

    写真

    アーティストがGR DIGITALで撮影するとこうなる! 今でもお気に入りのプロ…
  2. trycatch.jpg

    JavaScript

    JavaScriptでエラーが起っても固まらないように「try-catch」する…
  3. 日常

    『デザインするな』
  4. google_addurl_error12.png

    サービス

    GoogleにURLを登録できなかった時の対処方法
  5. 日常

    「チャレンジングであること―東京TDCにみるデザインの可能性」
PAGE TOP