Apple

Apple Musicを使ってみた。リコメンドがいいね♪

Apple Music1

きましたね、Apple Music。
音楽に詳しくないので、リコメンドサービスを試してみたいと思って楽しみにしてました、このサービス。
3ヶ月無料っていうのが嬉しいですね。

Apple music 1
Apple music 2

トライアルが3ヶ月ありますが個人的には月額980円なら安いと思っています。トライアルが終わってもこのまま使い続けるんじゃないかなぁ。

Apple music 3
Apple music 4

まずはジャンルを選択する画面です。
全然音楽に詳しくないので、知らないジャンルも多いです。とりあえず知らないジャンルはどんどん消していきました。

Apple music 5
Apple music 6

ひたすら消し続けた結果、こんなに少なくなってしまいました。この中でも好きなものをさらに選択していきます。わたしはジャズを1回タップ、J-Popを2回タップしました。大きな円ほどお気に入りということですね。このUIはAppleWatchを意識しているんでしょうか。
選択し終わったら次へ。

Apple music 7
Apple music 8

次はアーティストですね。選んだジャンルの中から表示されるアーティストが選ばれているんでしょうか。ジャンルと同じようにお気に入りをタップして「他のアーティスト」をタップすると再度アーティストが読み込まれます。

Apple music 9
Apple music 10

読み込まれたアーティストからさらに選別しました。「終了」をタップすると、「For You」メニューにリコメンド・コンテンツが表示されました。ちゃんと好みが反映するされてるみたいです。

「はじめてのGREEEEN」を見てみます。

Apple music 11
Apple music 12

Wi-Fiに接続してないと画像が読み込まれないみたいですね。+ボタンで「My Music」に追加できます。
右の「・・・」をタップするとメニューが表示されます。

このメニューに「オフラインで再生可能にする」というものがあります。
これでiPhoneにダウンロードできます。

Apple music 13
Apple music 14

プレイリストの「はじめてのGREEEEN」に追加されている10曲がまとめてダウンロード開始されています。タップするとダウンロード状況を確認することができます。

Wi-Fiに接続していないからかダウンロードは始まっていませんでした。ダウンロードするにはWi-Fiが必要なんですね。

Apple music 15
Apple music 16

わたしのように音楽に詳しくない人にとっては、リコメンドサービスやプレイリストなんかはかなり便利な気がします。
Apple Musicは、しばらく使ってみて使用感などまとめたいと思います。

関連記事

  1. itunes_card_camera-1.jpg

    Apple

    「iTunes Card」をカメラで読み込ませてみた。予想以上に高速でチャージできる!!

    今さらですが、iTunes Storeにチャージするときカメラを使…

  2. itunes_connect_manage_users.jpg

    Apple

    「iTunes Connect」でセールス情報だけにアクセスできるアカウントを作成する方法

    iTunes Connectでアプリのダウンロード数なんかを確認す…

  3. My_apple_id_repass-2.jpg

    Apple

    パスワードを忘れた「Apple ID」の復帰

    放置していた「Apple ID」の復帰方法です。放置しているとパス…

  4. AppStoreのレビュー名を変更する方法

    Apple

    AppStoreのレビュー名を変更する方法

    アップストアでアプリのレビューをしたときに表示される名前を変更する方法…

最近の記事

  1. 便利すぎる!買ってよかったキッチンツール「キッチンペーパーハンガー」
  2. ジムで活躍!プロテイン用のボトルにおすすめ!「nalgene(ナルゲン)の沖倉商店コラボ・ボトル」
  3. コミックのイラストが新鮮だった!『MARVEL展』
  4. ジム用に購入♪ リバーサル・オッシュマンズ別注「ドライスウェットショーツ」
  5. 暮しの手帖社とのコラボ作品!大きい面積が使いやすい!「日東紡の新しいふきん」

アーカイブ

  1. 日常

    ヤマバ
  2. 日常

    じゅんちょう
  3. 日常

    最終決戦中
  4. 日常

    「ブックデザインにおけるフォント活用とDTPの今」
  5. 日常

    会社スタート
PAGE TOP